人間の喉

私たちの喉に性感染症がうつる可能性は、あらゆる性行為において可能性があります。

喉に感染し易い感染症の種類を説明していきます。

喉のクラミジア 症状

クラミジアは性行為後約1週間で、喉の痛みや腫れなどが起こります。

性器には異常がない場合があり、発熱などの症状も起こるため風邪と勘違いする人もいます。

喉の淋病 症状

喉の比較的奥の方に痛みや腫れを伴いますが、軽い症状の為気づかない人もいます。

喉のカンジダ 症状

カンジダは喉と言うより、口内全般に炎症を起こし口内炎が出来ます。

またHIV感染者のほとんどの患者に喉へのカンジダの感染が見られることが分かっています。

どのように喉から感染するのか?

この様に、粘膜のある喉は風邪なども含めて様々な病気や感染症の感染ルートと言えます。

当然口にしたものは、喉を通り内蔵などに消化されて行くためで普通と言えば普通なのです。

しかし私たちは都合の良い方向に物事を考えてしまい、性感染症が喉にうつる事を普通とは考えていません。

特別な事だと捉えてしまう為、知らない間に感染してしまうのです。

喉にうつる性感染症を防ぐには、その根底となる性行為から考えて行く事が大事です。

フェラチオやクンニリングス、リミングなど口と性器の接触をさける事が一番有効な対策です。

それでもなかなか辞められない口を使った性行為ですが、行うのであればコンドームなどを使い直接口と性器が接触するのを防ぐのが次に有効な対策となります。

また口と性器の直接接触である、フェラチオやクンニリングスやリミングを行った場合、行為後手洗いうがいなど口の中と喉を殺菌作用のあるもので消毒する事も、しないよりは感染を食い止める事が出来る手段です。

冬に外から帰りうがいや手洗いをするのは、風邪やインフルエンザ予防の為に行いますが、性感染症にを防ぐという観点から見ても根拠がない行為ではない様に思います。

喉にうつらない様に対策をしても、うつる事は考えられます。

感染症がうつったかもと心配になる事があれば、早めに検査を行う事が予防対策の次に必要な行動です。

心当たりがあると思ったら