ばってんする女性

セックスした場合に感染する性病

セックスをすると性器と粘膜が接触し、様々な性病に感染する可能性があります。

腟分泌液からクラミジアや淋菌、HIVエイズウイルスに感染する可能性が高くなります。

男性器では、先走り液や精液・尿道口などからクラミジアや淋菌、そしてHIV(エイズウイルス)に感染する可能性が高くなります。

それ以外では相手の性器やその周辺に梅毒や性器ヘルペス、尖圭コンジローマなどがあれば感染します。

また、月経時や性器に出血があるとHIVウィルスやB型肝炎に感染する可能性があります。

可能性のある病気の種類

クラミジア症 淋菌感染症 HIV感染症 梅毒 性器ヘルペス 尖圭コンジローマ 性器カンジダ症 膣トリコモナス症 B型肝炎 C型肝炎

フェラチオをした場合に感染する性病

のどへのクラミジアや淋菌の感染の可能性があり、精液を口で受けると、HIVやB型肝炎などに感染する可能性がありますが、口でくわえただけなら、HIVには簡単には感染しませんがB型肝炎の心配がちょっと残ります。

相手の唇や口内に梅毒やヘルペスの症状があると感染する可能性があり性器やその周辺に梅毒や性器ヘルペス、尖圭コンジローマがある場合は感染のリスクが高まります。

エイズウイルスは唾液からの感染はありませんが、相手の口内の出血が尿道口から侵入すると感染する可能性があります。

可能性のある病気の種類

クラミジア症 淋菌感染症 HIV感染症 梅毒 性器ヘルペス 尖圭コンジローマ B型肝炎

クンンニリングスをした場合に感染する性病

女性の性器やその周辺に梅毒や性器ヘルペスの症状があれば、口や舌などの傷口や粘膜からの感染、する方の唇や口内に梅毒やヘルペスの症状があると感染しますし、口内に出血があり、それが傷口から侵入することがあれば感染します。

またクラミジアや淋菌を含む腟分泌液からのどへ、エイズウイルスを含む腟分泌液からは口や舌などの粘膜へ感染する可能性があります。

エイズウイルスは血液に多く含まれ、月経時には感染リスクが高まります。

可能性のある病気の種類

クラミジア症 淋菌感染症 HIV感染症 梅毒 性器ヘルペス 尖圭コンジローマ

アナルセックスをした場合に感染する性病

コンドームなしの場合は、HIVやB型肝炎、C型肝炎などに感染する可能性があります。

アナルセックスをすると出血するのは、肛門の中の直腸などの粘膜は弱く傷つきやすいためです。

そうすると、血液を介して感染するエイズウイルスやB型肝炎ウイルスが、尿道口や傷口から侵入して感染する可能性があります。

また、先走り液や精液を出されることにより精液を介して感染する可能性が高くなり、エイズウイルスはアナルセックスで射精されると感染の可能性が一番高いようです。

また、梅毒や性器ヘルペス、尖圭コンジローマの症状が肛門の中にあったとしても見つけにくいため、感染の可能性が高くなる他、クラミジアや淋菌の感染もあります。

可能性のある病気の種類

クラミジア症 淋菌感染症 HIV感染症 梅毒 性器ヘルペス 尖圭コンジローマ B型肝炎 C型肝炎

接触 (自慰行為・キス・肌と肌の接触)をした場合に感染する性病

自慰行為・オナニー

性病は、感染者から粘膜や体液の接触で感染するので、自慰行為で性病になることはありませんが、不清潔な手で性器をさわったりしていると、雑菌などが入って炎症を起こすこともあります。

可能性のある病気の種類

感染の可能性はありません

キス

相手の唇や口内に、梅毒やヘルペスの症状があると感染するかもしれません。

エイズウイルスは唾液からの感染はありませんが、相手の口内に出血があり、それが自分の傷口から侵入するということがあれば感染する可能性がないとは言えません。

のどへ感染するクラミジアや淋菌は、ディープキスで感染する可能性があります。

可能性のある病気の種類

梅毒 性器ヘルペス クラミジア 淋菌感染症

肌と肌の接触

梅毒や性器ヘルペス、尖圭コンジローマの症状があれば、その患部とあなたの粘膜や傷口が接触した場合に感染する可能性があります。

陰毛どうしの接触によってケジラミに感染することがあります。

可能性のある病気の種類

梅毒 性器ヘルペス 尖圭コンジローマ 毛じらみ症

肛門を口や舌で愛撫した場合に感染する性病

便にはA型肝炎ウイルスや赤痢アメーバが存在し、肛門をなめることにより感染することがあります。

感染力が強いので肛門を触った手をなめることにより感染することもあります。

また、相手の肛門に出血があり、自分の傷口から侵入すればエイズウイルスに感染します。

相手の唇や口内に梅毒やヘルペスの症状があると感染する可能性があります。

エイズウイルスは唾液からの感染はありませんが、相手の口内に出血がありそれが傷口から侵入することがあれば感染します。

可能性のある病気の種類

A型肝炎 赤痢 梅毒 性器ヘルペス

素股をした場合に感染する性病

挿入しなくても性器と性器や粘膜、体液が接触することがあれば、性病に感染する可能性はセックスと同じです。

可能性のある病気の種類

クラミジア症 淋菌感染症 HIV感染症 梅毒 性器ヘルペス 尖圭コンジローマ 性器カンジダ症 膣トリコモナス症 B型肝炎 C型肝炎

バイブを使用した場合に感染する性病

今まで使用していたバイブやローターは特に処分する必要もなく、石鹸などで洗浄して乾燥させておけば大丈夫でしょう。

菌は乾燥下では生存できませんので、日光に当てておけば紫外線殺菌で充分でしょう。

性感染症は、セックス以外でも感染しますか?

気によっては、膣ちつ性交以外の親密な接触や濃厚な接触でも感染することがあります。

「セックス」と聞くと膣ちつ性交をイメージするかもしれませんが、性感染症は、フェラチオやクンニリングスといったオーラルセックス(口腔くう性交)や、アナルセックス(肛こう門性交)でも感染することがあります。

性感染症は、1回のセックスでも感染しますか?

回のセックスでも感染することがあります。病気によって、感染力が異なりますが、誰でも感染する可能性があります。

なぜ、コンドームが重要なのですか?

コンドームだけで、性感染症のすべてを予防することはできませんが、感染の危険性をかなり低下させることができます。

これは、病原体を含んだ精液、膣ちつ分泌液が、粘膜にふれることを防ぎ、病原体が侵入することを防ぐからです。

ピルは、性感染症の予防に有効ですか?

ルは避妊のためのものなので、性感染症の予防にはなりません。

性感染症を予防するためには、コンドームを正しく使用することが有効です。

性病(性感染症)が疑わしいと思ったら