「性病の種類|病原体や感染経路により分類される。」の記事一覧

解説する女医

性感染症の種類

性感染症(STD)は、性行為を介して伝染する病気で、病原体が保菌者から粘膜の接触や体液の接触により感染しますが、性感染症の中には、エイズやB型肝炎のように性行為以外の原因輸血などで伝染する病気や、梅毒など母子感染で伝染る病気もあります。

病原体の種類には、細菌により感染するもの、ウィルスにより感染するもの、寄生虫により感染するものに大別されます。

多い性感染症としては、性器クラミジア感染症、トリコモナス膣炎、尖圭コンジローム、性器ヘルペスウィルス感染症、淋菌感染症、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、後天性免疫不全症候群(エイズ)毛じらみ症などの性感染症があります。

大抵の性感染症は治療法が確立していますが、エイズに限っては現在の医療では治療法が無いため、発症を遅らせるしか治療が無い場合も有ります。

男女ともに感染しますが女性のほうがより感染しやすいという特徴があり病気によっては病気が慢性化するものもあります。

また、感染した場合の症状も男性と比べると女性の方が少ないことが多く気づかずに感染を広げたり、病気を放置してより重篤化する場合もあります。

性感染症が重篤化すると炎症等で他の性病にかかりやすくなる事に加え、特に女性の場合は不妊症の原因ともなるので早期発見と早期治療が大切です。

予防方法としては、オーラルセックスを含めた性行為をする時は、コンドームを装着して粘膜接触を避ける事や不特定多数の人との性行為を避けることが大切です。

また、性感染症が判明したらパートナーも感染している可能性が高くパートナーとともに医療機関で診察を受ける必要があります。

なぜパートナーも一緒に治療しなければいけないのですか?

感染症は、セックスで感染します。このため、自分だけが治療しても、パートナーが感染していれば、再感染が起こります。

一度治療すれば、その後は感染しませんか?

ほとんどの性感染症は、何度でも感染するおそれがあります。治療後も、性感染症の予防に気を付けなければなりません。

自覚症状のない人からも感染することはありますか?

覚症状のはっきりしない性感染症もあります。パートナーも自分も症状がないからといって安心はできません。

性感染症検査

性器カンジダ症|疲れやストレスなど抵抗力が落ちると発症する、強いかゆみや白いおりものが出る。

性病の種類|病原体や感染経路により分類される。

(提供元:国立感染症研究) カンジダは真菌(カビ)の一種です。 セックスで感染しますが、健康な人でも体内に持っていることがあるので、性器からカンジダがみつかったとしても性器カンジダ症を発症しているとはいえません。 また、・・・

子宮頸癌(子宮けいがん)の原因HPV(ヒトパピローマウィルス)

性病の種類|病原体や感染経路により分類される。

癌とは細胞が無秩序に増殖する病気で、癌の発生した周辺にとどまらず、周辺の組織や臓器に侵入したり身体の様々な部位に転移したりします。 子宮ガンについての詳しい解説はコチラ 人間の体は60兆個の細胞からできていますが、それら・・・

HIV感染症とエイズ後天性免疫不全症候群|感染したウィルスを除去できないので、発送を遅らせることが治療の中心。

性病の種類|病原体や感染経路により分類される。

(提供元:国立感染症研究) ト免疫不全ウイルス(HIV)により起こる病気です。病気が進行すると、次第に抵抗力が弱まり、健康なときなら心配のないウイルス、細菌、カビなどの病原体によって、色々な病気が引き起こされます。 病原・・・

トリコモナス|男性の症状は無し、女性の症状は外陰部・膣のかゆみと泡状で悪臭を放つ褐色または黄緑色のおりもの。

性病の種類|病原体や感染経路により分類される。

一般に女性に強い症状が出ます。症状が出ない場合でも、治療をしないと他の人に感染させることがあります。 病原体 膣トリコモナス原虫 潜伏期 1〜3週間 検査 分泌物を顕微鏡で検査する。必要に応じて培養検査や遺伝子学的検査を・・・

梅毒|初期の梅毒ならペニシリンで簡単に治癒するが進行すると治療が難しい。

性病の種類|病原体や感染経路により分類される。

(提供元:国立感染症研究) 性の感染症で、何年もかかって進行していきます。 昔の病気と思われがちですが、近年患者数が増加しセックスの時に粘膜や皮膚の小さな傷から感染します。 病原体 梅毒トレポネーマ 潜伏期 約3週間 検・・・

淋菌感染症(淋病)|感染力が強力で、感染すると男性は排尿痛や膿、女性は排尿痛や不正出血、下腹部の痛みや膿のようなオリモノが出る。

性病の種類|病原体や感染経路により分類される。

(提供元:国立感染症研究) 性にはすぐにはっきりした症状が出ますが、女性は症状に気付きにくく、進行して初めて分かることがよくあります。 病原体 淋りん菌 潜伏期 2〜7日 検査 尿や分泌液、おりもの、咽いん頭擦過物、咽い・・・

性器クラミジア感染症|若年層の感染例が多い、最もポピュラーな性病で自覚症状があまりない。

性病の種類|病原体や感染経路により分類される。

(提供元:国立感染症研究) 本で最も多い性感染症です。自覚症状がない場合が多く、感染に気付かないことがよくあります。しかし、進行すると、不妊症や母子感染など様々な病気の原因になるので、きちんと治療する必要があります。 病・・・

B型肝炎|キャリアの10%が慢性肝炎3%が肝硬変と肝癌に

性病の種類|病原体や感染経路により分類される。 肝臓の病気

(提供元:国立感染症研究) 型肝炎は、急性と慢性に分けられます。母子感染では90%が慢性化し、大人になってからの感染で慢性化するのは2%〜6%と言われています。 20歳代〜 50歳代の急性B型肝炎の感染経路としてセックス・・・

C型肝炎|キャリアの7割が慢性肝炎に移行する

性病の種類|病原体や感染経路により分類される。 肝臓の病気

(提供元:国立感染症研究) C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすC型肝炎ウイルスの感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。 放置しておくと、長い経過のうちに肝硬変や肝がんに進・・・

ページの先頭へ