困る男

尿道から膿が出る場合は、尿道が炎症を起こす尿道炎になっている可能性があります。

尿は、膀胱にためられ尿道を通って排泄されますが、この尿道に炎症がおこり排尿痛や、膿が出るのが尿道炎です。

尿道炎の原因は、主に性行為により尿道口から侵入した病原菌が尿道の粘膜に感染し、尿道炎を起こします。

尿道炎の大部分は細菌の増殖によっておこり、ほとんどが淋菌性尿道炎とクラミジア尿道炎です。

性行為や類似行為があった後、2日から7日の潜伏期間の後、尿道口から膿が出て、排尿痛がある場合は、淋菌性尿道炎の可能性があり、1~3週の潜伏期間の後に尿道口からやや水っぽい薄い膿が少量出て、排尿痛が軽い場合はクラミジア尿道炎の可能性があります。

淋菌性尿道炎では自覚症状があり、クラミジア尿道炎では自覚症状の有無で尿道炎のあるなしを知ることはできません。

尿道炎は、膣性交の他、オーラルセックスでも起こることがあり、その場合セックスパートナーの咽頭に病原菌が存在すると考えられます。

これらの病気を治療せずに放置すると、淋菌、クラミジアは精液の通路を前立腺、精嚢腺、精巣上体とさかのぼりながら精巣上体炎をおこし、男性の不妊につながり、女性も放置すると感染が卵管に広がり不妊の原因となるので注意しましょう。

検査について

男性の場合は尿を採取して検査し、女性の場合は膣分泌液を採取して検査します。

淋菌性尿道炎の20~30%にクラミジアが混合感染している場合がありますので、淋菌性尿道炎ではクラミジアの検査も同時に行うことが大切です。

パートナーを放置すると再感染の可能性があるので検査で陽性の結果が出た場合は、パートナーと一緒に検査と治療をする必要があります。

尿道炎の治療

性感染症検査により病原菌が特定されれば、原因菌に対する抗生物質が処方され治療は1~2週間の服薬で治ります。

医師の指示した処方を無視して、中止すると再発する可能性があるので、症状が軽くなっても必ず毎日内服しましょう。

治療後にも検査を受け、治癒していることを確認することも重要です。

こうした、感染を予防するために性行為の時は、最初から最後までコンドームをすると良いでしょう。