「性感染症の基礎知識」の記事一覧

性感染症(性病)の定義

性感染症は人類の歴史の中で認識された最も古い疾患で国際的にも感染予防が重要な課題となっている疾患です。

一方で、個人のプライバシーを守るという配慮から感染の発生源を正確に把握することが難しい病気でもあります。

性感染症は、性行為や性行為に類似する行為で人から人へ感染し従来は梅毒や淋病が主な病気でしたが現在では、HIV感染症、性器ヘルペスウィルス感染症、性器クラミジア、尖圭コンジローマ、膣トリコモナス症、B型肝炎などが増加傾向にあります。

性感染症の原因となる病原体には、ウィルス、細菌、原虫などの微生物が関係しており性行為により感染します。

感染しても症状が軽いためパートナーへ感染させてしまうことが多いとされ、治療をしなければ自然に治ることはありません。

性感染症には、治療が容易なものから難しいものまでありますが感染しないように予防することが大切です。

性感染症の中では、性器クラミジア感染症、淋菌性感染症、性器ヘルペスウィルス感染症が若年層の間で増加傾向にあるとされます。

性感染症は、国際的な用語ではSTDと呼ばれます。

STDとは、Sexually Transmitted Diseasesの頭文字をとった略語です。

性感染症STDは、性的接触で誰もが感染する可能性のある感染症です。

性器クラミジア感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジローマ、梅毒及び淋菌感染症は、性器、口腔等による性的接触を介して感染するとの特質を共通に有し性的接触により誰もが感染する可能性がある感染症です。

生殖年齢にある男女を中心とした大きな健康問題と認識しましょう!

性感染症はどのように感染するか

感染者の精液や膣分泌液、性器や泌尿器に付着している病原体や分泌液に接触することで感染します。

性行為には、膣性交、口腔性交、肛門性交が含まれます。

感染の広がり方

性感染症は、感染しても無症状であることが多く、また、尿道炎、帯下の増量、皮膚粘膜症状、咽頭の違和感等の比較的軽い症状にとどまる場合もあるため、感染した者が、治療を怠りやすいという特性があります。

このため、不妊等の後遺障害や生殖器がんが発生し、又は後天性免疫不全症候群に感染しやすくなる等、性感染症の疾患ごとに様々な重篤な合併症をもたらす可能性が有ります。

特に、生殖年齢にある女性が性感染症に罹患した場合には、母子感染による次世代への影響があり得ることが問題となります。

また、性感染症は、患者等が、自覚症状がある場合でも医療機関に受診しないことがあるため、感染の実態を把握することが困難であり、感染の実態を過小評価してしまうおそれがあります。

また、性的接触を介して感染するため、個人情報の保護への配慮が特に必要であること等の特徴を有することから、公衆衛生対策上、特別な配慮が必要な疾患とされます。

性感染症は、早期発見及び早期治療により治癒、重症化の防止又は感染の拡大防止が可能な疾患です。

性感染症の予防には、正しい知識とそれに基づく注意深い行動が重要なことを覚えておきましょう!

性感染症に対する予防対策としては、感染する又は感染を広げる可能性がある者の早期発見と早期治療が大切になります。

性病(性感染症)が疑わしいと思ったら

もしかしたら・・・と思ったら、恥ずかしがらずに検査することが一番大切です。

性感染症は、治療が遅れれば遅れるほど治りにくくなります。

性感染症は検査で分かります。

病気の種類によって、検査の時期や方法が異なります。自己判断や思い込みで悩まずに検査を受けましょう。

また、性感染症については、郵送検査では匿名での検査が受けられます。

定期的に検査を受けましょう。

自覚症状がないこともあるので、定期的な検査は早期発見・早期治療に有効です。

パートナーと一緒に、定期的に検査を受けましょう。

検査ガイド


検査OFF

あなたが性感染症に感染したら?

早期発見・早期治療が大切です。治療は、パートナーと一緒に受けましょう。

性感染症は治療できます。

ほとんどの性感染症は、早期に治療すれば完治しますので、医師の指示に従い確実に治療しましょう。

感染症を担当する科は病院によって名称は異なりますが、主に産婦人科・泌尿器科・皮膚科・性病科などになります。

口腔内に関しては耳鼻咽喉科で診察している場合もありますので、必ず受診前に確認しましょう。

感染症の治療で大切なことは、医師から「治った」と言われるまで、きちんと治療を続けることです。

そして、あなたのパートナーも一緒に受診することが大切です。

予防方法

NO SEX SAFE SEX SAFER SEXが大切です。

NO SEX(セックスしない)

ノーセックスも予防のための大事な選択肢です。

SAFE SEX(安全なセックス)

今は特定の相手しかいなくても、過去に他の人と性的接触があれば過去のパートナーからの感染の可能性があります。

ただし、二人とも感染していないことが確実で、お互いに他のセックスパートナーがいなければ、二人のセックスは安全です。

SAFER SEX(より安全なセックス)

コンドームを正しく使うことが有効です。

コンドームを正しく使うことが予防には有効です。

パートナーとの間だからこそ、コンドームや安全なセックスについてよく話し合いましょう。

オーラルセックス、アナルセックスでも性感染症に感染します。

感染を防ぐためにも、コンドームの正しい使用が大切です。

喉(のど)に感染する性病

性病の種類

私たちの喉に性感染症がうつる可能性は、あらゆる性行為において可能性があります。 喉に感染し易い感染症の種類を説明していきます。 喉のクラミジア 症状 クラミジアは性行為後約1週間で、喉の痛みや腫れなどが起こります。 性器・・・

行為別の性病に感染するリスク

性病の種類

セックスした場合に感染する性病 セックスをすると性器と粘膜が接触し、様々な性病に感染する可能性があります。 腟分泌液からクラミジアや淋菌、HIVエイズウイルスに感染する可能性が高くなります。 男性器では、先走り液や精液・・・・

尿道から膿が出る

性感染症が原因の症状と病気

尿道から膿が出る場合は、尿道が炎症を起こす尿道炎になっている可能性があります。 尿は、膀胱にためられ尿道を通って排泄されますが、この尿道に炎症がおこり排尿痛や、膿が出るのが尿道炎です。 尿道炎の原因は、主に性行為により尿・・・

再び増加に転じた梅毒

性感染症の最新動向

先進国での梅毒の発生動向は減少の一途をたどり続けてきて、日本でも同様に減少傾向でもはや過去の病気ととらえられてきました。 梅毒とは、梅毒トレポネ―マと呼ばれる病原体により感染するSTD(性感染症)で、主に性行為により感染・・・

性器カンジダ症

性病の種類

(提供元:国立感染症研究) カンジダは真菌(カビ)の一種です。 セックスで感染しますが、健康な人でも体内に持っていることがあるので、性器からカンジダがみつかったとしても性器カンジダ症を発症しているとはいえません。 また、・・・

清潔な性行為の心がけ

性感染症の予防法

性行為は人間の本能であるため、感染症の予防のためにといって性行為を止めるわけにはいきません。 性接触をする相手が増えれば比例して性感染症は広がります。 性行為の低年齢化や晩婚化は、不特定多数の相手と性的な接触の頻度を高め・・・

性感染症(性病)の予防

性感染症の予防法

予防とは病気になる前段階で要因を取り除いたり発病を防いだり発病の徴候がある時は症状が無くても検査で早期発見して治療に取り掛かることを意味します。 初歩的な予防は病気にならないように生活習慣を改善することです。 生活習慣の・・・

感染症と早産・流産

性感染症が原因の症状と病気

流産とは、妊娠22週未満に妊卵や胎児が子宮の外に排出されたり、子宮内で死亡して正常な妊娠の経過が停止した場合を指します。 早産は妊娠22週以降から37週未満に分娩することを言い、正常分娩は妊娠37週から42週未満の分娩を・・・

エイズ(HIV)後天性免疫不全症候群

性病の種類

(提供元:国立感染症研究) ト免疫不全ウイルス(HIV)により起こる病気です。病気が進行すると、次第に抵抗力が弱まり、健康なときなら心配のないウイルス、細菌、カビなどの病原体によって、色々な病気が引き起こされます。 病原・・・

毛じらみ症の感染経路、症状、治療法

性病の種類

毛じらみ症(けじらみしょう)とは、ケジラミという吸血昆虫による性行為感染症です。 成虫の大きさは1mm~2mmで肉眼的には、陰毛の毛根にしがみついている時はシミに見えます。 この虫が陰毛を移動中にはフケにしか見えないため・・・

トリコモナス感染症

性病の種類

一般に女性に強い症状が出ます。症状が出ない場合でも、治療をしないと他の人に感染させることがあります。 病原体 膣トリコモナス原虫 潜伏期 1〜3週間 検査 分泌物を顕微鏡で検査する。必要に応じて培養検査や遺伝子学的検査を・・・

ウィルス肝炎の感染経路、症状、治療法

性病の種類

ウィルス肝炎にはウィルスの種類によってA型B型C型D型などの種類があります。 更に詳しい肝炎についての詳細はコチラ A型ウィルス肝炎は食物により感染します。 B型とC型の肝炎ウィルスは、感染ルートとして血液感染があります・・・

梅毒

性病の種類

(提供元:国立感染症研究) 性の感染症で、何年もかかって進行していきます。 昔の病気と思われがちですが、近年患者数が増加しセックスの時に粘膜や皮膚の小さな傷から感染します。 病原体 梅毒トレポネーマ 潜伏期 約3週間 検・・・

性器ヘルペスの感染経路、症状、治療法

性病の種類

(提供元:国立感染症研究) 病原体 単純ヘルペスウイルス1型又は2型 潜伏期 3〜7日 検査 水ぶくれを破って、内容液に含まれる感染細胞の検査、血液検査で診断する。 治療 抗ウイルス剤の内服や軟膏こう、抗炎症剤、鎮痛剤な・・・

淋菌感染症(淋病)

性病の種類

(提供元:国立感染症研究) 性にはすぐにはっきりした症状が出ますが、女性は症状に気付きにくく、進行して初めて分かることがよくあります。 病原体 淋りん菌 潜伏期 2〜7日 検査 尿や分泌液、おりもの、咽いん頭擦過物、咽い・・・

性器クラミジア感染症

性病の種類

(提供元:国立感染症研究) 本で最も多い性感染症です。自覚症状がない場合が多く、感染に気付かないことがよくあります。しかし、進行すると、不妊症や母子感染など様々な病気の原因になるので、きちんと治療する必要があります。 病・・・

クラミジア感染症の急増

性感染症の最新動向

若年層の間でクラミジアの感染症が増加しています。 クラミジア感染症は、初期症状はあまり出ないが病気が進行すると性器の炎症などが症状として現れます。 重症になると卵管が癒着したり、腹膜炎を起こしたりしますが長期間気づかない・・・

エイズ(HIV)感染者の急増

性感染症の最新動向

日本国内でエイズが爆発的に蔓延しているとされます。 エイズは、人免疫不全ウィルスであるHIVに感染して数年から10数年の潜伏期間を経て発症します。 発症すると免疫機能が著しく低下して、健常者では感染しない弱い病原体、例え・・・

ページの先頭へ