ニオイのトラブル

臭い(ニオイ)の悩みは百人百様で、おならの臭い(ニオイ)で悩んでいる人、
体臭やワキガで悩んでいる人、口臭で悩んでいる人、加齢臭で悩んでいる人など
悩みは多岐にわたり原因も対策も様々です。



間違った認識で対策をすると良くなるどころか悪化させてしまいかねません。



本サイトでは、それぞれの悩みについての原因と対策を整理分類致しました。

身体のニオイには健康が反映され健康のバロメータであるとともに時には
生活習慣病のサインともなります。



ニオイを完全に消し去ることは出来ませんが、ニオイと上手に付き合う方法を
考えていくことが大切です。

ニオイに関する基礎知識

香水

動植物も人間も生き物にはニオイが有りますが、ニオイの中でも生理的な物では無く、病的な原因で発するニオイもあるので注意が必要です。

つまり、病気のシグナルとしての臭いです。

おなら、体臭、口臭がいつもと違う変な臭いと感じたら、まずは身体の不調を疑ってみる必要があります。

体を清潔に保っても病気があったり、内蔵などの機能が低下してくるとニオイ成分が口臭や汗のニオイ、尿臭、便臭、おならなどに出てくることがあるからです。

卵が腐ったような口臭は胃腸の病気の可能性

・甘酸っぱい腐ったリンゴのようなニオイ

このような臭いを発する場合は糖尿病の疑いがあります。

また、間違ったダイエット法をしている人も同じようなニオイがする場合があります。

・腐った卵のようなニオイ

胃腸の病気(胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍)などにかかっていると、腐った卵のような独特なニオイを発します。

消化不良の為、食べ物が異常発酵して、ニオイの物質が血流に乗って、肺に送られ、呼気や口臭として排出するためだと考えられています。

・ねずみ臭い・カビ臭

肝機能の低下や慢性肝炎などがあると、カビ臭い臭いになると言われています。

これ等の病気があると、本来肝臓で分解されるはずの臭いを分解しきれず口臭に現れるからであると考えられています。

・肉が腐ったようなニオイ

口内炎、歯肉炎、歯槽膿漏などの口の中の病気や鼻や喉の病気(蓄膿症、鼻炎、扁桃腺)、呼吸器系の病気(肺炎、気管支炎)などの疑いがあります。

・アンモニア臭

アンモニアのツンとしたような口臭がすると、肝機能低下や尿毒症の疑いがあります。

アンモニア臭のする汗は肝機能低下や血行不良の疑い

口臭以外にも、体臭や尿や便、汗などでも身体の不調がわかることがあります。

・頭皮の皮脂臭

頭が脂臭い時は脂漏性皮膚炎の疑いがあります。

脂漏性皮膚炎とは、真菌が原因で起きる皮膚炎です。

・汗のアンモニア臭

肝臓の機能低下や全身疲労、冷房症、冷え性、夏バテ、ミネラル不足、血行不良などがあると汗にアンモニア臭が混じることがあります。

・体臭が魚臭い

魚臭症候群(トリメチルアミン尿症)という病気である可能性があり、めったに無い病気ですが代謝異常の一つです。

・便の腐敗臭

便秘などで腸の働きが低下すると腸内の異常発酵が進み腐ったような悪臭を放つニオイ物質が生成されます。

・尿臭の甘酸っぱい臭い

尿の臭いも様々わかることがあります。

糖尿病の場合は甘酸っぱい尿臭、フェニルケトン尿症ではカビ臭い尿臭、メープルシロップ尿症の人からはホップのような尿臭がすることがあります。

また、膀胱炎や尿道炎になると尿のアンモニア臭が強くなると言われています。

口臭と体臭が不快感につながる

不快を感じる男性

人間の臭いについて、日本人ほど敏感な国民はいないと言われています。

以前の日本では、風呂もあまり普及していなく、毎日お風呂に入ることも出来ない人の方が多数であったからです。

社会的衛生レベルも意識も上がった今では、この臭いの無い時代では生活臭、体臭に意識が行くのも無理もありません。

特に若い人は、思春期を迎え、汗腺の活動が盛んになり、自分のニオイを感じ始めた時、自分の体臭を忌むべきものととらえ他人が嗅いだら恥ずかしいと思うのも当然の帰結と言えます。

若い人ばかりではなく、ビジネスマンも同様に考えているようです。

このアンケートは、とある製薬会社がビジネスマンを対象に行なったものです。

質問内容1:仕事上で口臭が気になるか?

回答:

自分の口臭が気になる 11.1%

自分も他人の口臭も気になる 59.9%

他人の口臭が気になる 19.8%

気にならない 9.2%

質問内容2:口臭対策をする理由

取引先に不快感を与えたくない 81.5%

マナーとして当然 67.8%

仕事以外でマイナスを作りたくない 32.1%

仕事を円滑に進めたい 24.1%

元々口臭が気になっている 17.7%

感度の高いビジネスマンでありたいから 12.1%

なんとなく 3.8%

その他 1.2%

ビジネスマンが口臭対策をする理由の一位は、仕事関係の人に不快感を与えたくないという理由がきています。

口臭=不快感というイメージが定着している証であると言えます。

その他の上位の理由でも口臭が明らかにマイナス要因として認識されています。

一方で、体臭や口臭をむやみに消してしまうことは、病気のサインや体調の変化を知るすべを無くしてしまうことにもなりかねません。

例えば、腐った卵のような口臭がある時は、胃炎や胃潰瘍などの胃腸の病気が隠れている可能性があります。

また、月経周期に応じて体臭の臭さが違ってくることは、多くの女性が感じていることでしょう。

普段の自分のニオイを知っておけば、体臭や口臭の変化で身体の以上を感じることも出来るのです。

体臭や口臭に対する正しい知識を身に着けて正しい対策をすることで臭いと上手に付き合う方法がわかります。

臭いの判断は脳がしている

脳

ニオイを感じるメカニズム

臭いの分子は鼻から入り信号となり大脳皮質へ人間は息を吸ううと空気とともにニオイの分子を体内に取り込みます。

鼻に入ったニオイ分子は鼻の穴の奥にある嗅上皮に触れてその中の嗅神経細胞を刺激しますが、嗅神経細胞というのは、臭いを感知するセンサーの役割を果たします。

刺激は一種の電気信号となり嗅神経を通って嗅球(嗅覚中枢)へと伝えられ、ここで人間は信号を通して臭いを感知するのです。

しかし、この段階ではまだ臭いを良いと感じるか、深いと感じるかの判断はされていません。

この判断がなされるのは臭いの刺激が脳の大脳皮質に届いてからとなります。

臭いの分子の種類ではなく、脳の経験や本能により不快かどうかが判断されるのです。

臭いに関係する記憶や経験が影響する

臭いを識別する大脳皮質にはその人の育った環境に由来する、様々な体験や分化や体調の良し悪しなどの記憶に基づく情報がつまっています。

このような情報を持っている器官を通ることにより、その刺激と記憶を結びつけて脳が判断するのです。

例えば、好きな食べ物を体調の悪い時に食べてお腹をこわすと、その後、その食べ物の臭いをかいだだけで気持ち悪くなってしまうという経験をされているかと思いますが、このような臭いのメカニズムによるのです。

ニオイにまつわる経験や記憶が臭いの好悪に非常に大きく関係することがわかります。

視床下部がニオイに対する反応をする

ニオイの分子がもたらす電気刺激が大脳皮質から大脳辺縁系へと伝達されると、喜怒哀楽などの感情と結びつきそれぞれの反応を生み出すことになります。

良いにおいには良い感情が芽生え嫌な臭いと感じれば不快な思いをするわけです。

更に、刺激が視床下部に届くとその臭いに対して具体的な反応をするのもこの器官です。

良いにおいと感じればリラックスし悪いにおいと感じればストレスを感じてイライラしたり吐き気をもよおしたりします。

これは視床下部の指令により自律神経が働き身体機能に様々な作用を働きかけるのが原因です。

様々な香水

良いと感じるか悪いと感じるかは人それぞれ

臭いを良いと感じるか?悪いと感じるかは一般的には次の4点から判断されます。

  1. 質・・・ニオイの種類
  2. 強度・・・ニオイの強さ
  3. 認容性・・・ニオイが好みであるか否か
  4. 広範性・・・どれほどの濃さで臭うのか


以上の4点より、人は良いか悪いかを判断しているとされていますが人によってその判断はマチマチであり基準はありません。

また、ニオイに対する反応は、その人の健康状態、精神状態、経験により変化します。

また、良いにおいでも一定以上の濃度になると不快になる場合もあります。

反対に悪臭であっても濃度が薄くなることで良いと判断されることもあります。

良いニオイのする香水も濃くすると不快なニオイとなりますが、これは原料がインドールと呼ばれる物質からできているためでこのインドールはオナラや便の臭いの元でもあります。

日本人は特に嗅覚に敏感なので良いにおいも濃度が濃いと不快に感じる傾向があるようです。

性別・体調・年齢などで変わる嗅覚

人間の嗅覚には、順応しやすく個人差が大きいという特徴があり、順応しやすいということは、言葉を変えると疲労しやすいということになります。

人間の嗅覚は、疲れやすくどんな臭いでもすぐに慣れてしまい、最初は気になる臭いでも、同じニオイを嗅いでいるとそのうち気にならなくなってしまいます。

これは、人間の嗅覚が順応しやすからに他なりません。

また、人間の嗅覚は、人種、性別、年齢、鍛錬などにより差があります。

性別では、男性より女性のほうが嗅覚に優れているとされています。

体調によっても嗅覚は変化をして、風邪を引いて鼻が詰っている時に嗅覚が著しく低下してニオイがわからなくなるという経験はその証左です。

身体的な疲労の度合いにもよって嗅覚は変化をして寝起きがもっとも鋭く、夜になるにつれて鈍くなり、また、空腹時には極端に敏感になります。

40万種類のニオイの内良いと感じるのは20%

地球上には約40万種類のニオイの物質が存在しますが研究によると良いと感じるのはその中で20%に過ぎないそうです。

残る80%は不快と感じる臭いかなんとも感じない臭いなのです。

次には世界的な植物学者リンネによる臭いの分類です。

  • 芳香臭・・・月桂樹や熟した果実の臭い
  • 馥郁臭・・・百合やバラなど香りの良い花の匂い
  • ジャコウ臭・・・ジャコウに代表される高貴な香り
  • ニラ臭・・・ネギ・ニラ・ニンニクなどの刺激臭
  • 尿臭・・・尿の匂いや動物の臭い
  • 悪臭・・・誰もが不快を感じるニオイ
  • 腐臭・・・腐った肉のような吐き気をもよおす臭い

対人恐怖と体臭恐怖

対人恐怖

人の悩みは他人と比較した際に感じる劣等感から生まれますが、悩みの多くは対人関係から起こるのです。

心理学で言われる、対人恐怖とは特定の他者ばかりではなく、世間一般の不特定多数者に対しても人と接するのを恐れる状態を指しています。

自分が他人に対して悪印象を与えているのではないかという恐怖感にさいなまれる状態にあるとも言えます。

臭い(ニオイ)と対人恐怖

体臭恐怖と自己臭恐怖は厳密に言うと意味が違います。

体臭恐怖の場合、普通の人達が様々なニオイで気を病んでしまうことから神経症的なものという意味で使われます。

一方の自己臭恐怖は思い込みによる体臭の悩みと対人恐怖を意味します。

実際に体臭が強い人が、それについて悩むことは自己臭恐怖とは言いません。

自己臭恐怖は体臭恐怖の一種であると理解すれば良いでしょう。

実際に体臭が強い人は、大抵は自分の体のどこが臭いのかをはっきりと自覚して説明もできます。

十方の自己臭恐怖の方の場合は、ニオイの発生源が漠然としています。

自分は体臭が強いと思い込みがある割には、それがワキガなのか口臭なのか自覚をしていないケースがほとんどです。

これは、自分が周囲の人に不快感を与えているという妄想であることがほとんどです。

様々な対人恐怖

  • 赤面恐怖:人前に出ると赤面したり、赤面するのではないかと気に病む。
  • 人と接する時にぎこちない態度しか取れないことに悩む。
  • 表情恐怖:顔だけでなく手や足の震えと、緊張すること事態に恐怖を感じる。
  • 視線恐怖:静止恐怖ともいいい、自分の視線が他人に不快感を与えているのではないかと思い込む。
  • 醜形恐怖:自分の顔立ちが醜いため、周囲の人に不快感を与えているのではないかと思い込む。

鼻の仕組み・ニオイを感じる器官|臭い(におい)を感じる仕組み

人間の鼻

主な働き

  1. 空気を取り入れる。
  2. 取り入れた空気を加温、加湿する。
  3. 空気中のチリを除去する。
  4. においを感じる。


鼻の構造:3つの層から成る空気の通り道

鼻は空気を取り入れるための呼吸器官であり臭いをかいだりするための嗅覚器官でもあります。

入口付近は鼻孔といい、鼻孔を含めた鼻の空洞全体を鼻腔と呼びます。

鼻腔は上鼻甲介、中鼻甲介、下鼻甲介によって、上鼻道、中鼻道、下鼻道という3層の空気の通り道に分けられています。

吸った空気は主にいちばん上の上鼻道を通って肺に向かいます。

反対に、吐き出された空気は主に下の中鼻道と下鼻道を通って排出されます。

鼻は温度調節弁:冷気から肺を守る

鼻腔には、空気を取り入れたり、吐きだしたりするだけではなく吸い込んだ空気のチリや埃を取り除くという大切な役割があります。

鼻道や鼻孔に生えている鼻毛がエアフィルターの役割を果たします。

また、鼻道は、気管支や肺に冷たい空気が入らないように空気を加温・加湿する働きも持っています。

鼻道を通過した空気は、温度25~37度、湿度35~80%に調節され快適な状態となって気管支に送り込まれています。

鼻腔は、人体にとってエアコンのような働きをします。

内部でつながる目・鼻・耳

眼と鼻は鼻涙管で連絡して、涙腺から出た涙の量が多い時は鼻涙管を経て鼻の穴から外に出ます。

耳と鼻は耳管という管でつながっています。

耳管は普段は閉じていますが、中耳や内耳のゴミを鼻から外に取り出したり音を逃したりする役目を持っています。

体内と体外の気圧差があって耳が鳴る時も耳管が開いて気圧を調整しています。

人間の嗅覚は、哺乳類の中でもかなり劣っています。

犬の嗅覚受容細胞の数は約五億あるのに対して人間のそれはわずかに約五百万で100分の1の能力でしかありません。

ニオイを感じる仕組み

臭いを感じる嗅覚細胞:三千~一万種類のにおいを識別できる

・においを感じるメカニズム

上鼻道の天井には、嗅粘膜という嗅覚器があり、嗅粘膜は切手1枚ほどの大きさしかありませんが、これが臭いの受容器で鼻に入ったニオイは全てここで感じます。

目には見えませんが、人間が感じるにニオイは、におい分子という化学物質で、におい分子は揮発性で、ニオイを発する物体から離れて空気中を漂います。

例えばバラの花があったとしたら、空気中にはバラから放たれた、におい分子が無数に漂っていて、花で空気を吸うと空気とともにニオイ分子も鼻の中に取り込まれます。

嗅粘膜には特殊な粘液を分泌する嗅腺(ボーマン腺)を持っています。

鼻に入った細かな臭い分子は、この粘膜に触れると溶解し、それを嗅細胞から伸びている嗅生毛がキャッチします。

すると嗅覚器は臭いの情報を電気信号にして嗅球を経て大脳の嗅覚野につながる嗅神経に、においの情報を送ります。

においが脳に伝わる仕組み

本能でニオイを嗅ぎ分ける

嗅細胞が感知した、ニオイの情報は、電気信号に変えられると、嗅覚器から伸びる嗅神経を経て大脳底部の嗅球に伝えられ、更に大脳皮質の嗅覚野で判断されます。

脳

人が認識できるニオイの数は3000~10000種類と言われていますが、大脳は過去のニオイと比べたりして様々な判断をくだします。

食べ物のにおいの時は大脳は唾液を分泌させたり食欲を増進させたりします。

7つの原臭

味には苦味、酸味、甘味、塩味の4つの基本の味が存在します。

味と同じように、においにも原臭があると言われています。

それはショウノウ、ジャコウ、芳香、ハッカ、エーテル、刺激臭、腐敗臭の7つでそれぞれの臭いは嗅細胞により分けられます。

においには良いにおいと、悪いにおいがありますが腐敗臭のように有害な臭いは悪いにおいです。

悪いにおいを嗅ぐと人は不快感を覚えそれを避けようとします。

食生活の改善と口臭予防

口臭の原因と対策

h2>アルカリ性食品について 食事の内容を見直すことも口臭予防には効果的で、口臭を抑えるにはアルカリ性食品を多くとるようにすると良いとされています。 アルカリ性食品は、カルシウム、ナトリウム、カリウムを多く含む緑黄色野菜・・・

ワキガ治療法の種類

体臭の原因と対策

ワキガ治療のポイント アポクリン汗を出さないようにする。 エクリン汗を減少させる。 皮脂腺の皮脂を出さないようにする。 皮膚表面の最近の繁殖を防ぐ。 脱毛する。 ワキガの治療は上記のポイントを目標に進められます。 ワキガ・・・

精神性多汗の手術

体臭の原因と対策

精神療法が効かない人や汗を減らしたい人が利用 緊張した時などに手のひらに汗をかいてしまうということは誰しもあることです。 しかし、ちょっとした緊張や少しの気温の変化でも多量の汗を手のひらなどにかいてしまう人もおりこのよう・・・

外陰部のニオイの原因と対策(あそこ・まんこが臭い、におう原因)

女性特有の臭いの原因と対策

性器周辺には多くの汗腺が有り、ニオイが発生しやすい部位になります。 汗腺があるということは、体臭と同じように動物性たんぱく質や刺激の強いものを食べれば同様にニオイは発生します。 また、汗腺が多いことから汗をかきやすい部位・・・

水虫を防ぐ生活習慣

足の臭いの原因と対策

毎日足を洗うことで水虫は定着できない 白癬菌は家庭の至る所に存在し、水虫の人が落とす垢の中に多数の白癬菌が含まれています。 白癬菌を含む垢は、床やお風呂場のマット、スリッパなどに撒き散らされ同居している人の足に付着するこ・・・

ページの先頭へ