「食中毒の基礎知識」の記事一覧

食中毒とは、食中毒を起こすもととなる細菌やウイルス、有毒な物質がついた食べ物を食べて、下痢や腹痛、発熱、はきけなどの症状が出る病気のことです。

食中毒の原因は、細菌以外にも、ウイルス、自然毒(フグ・キノコ等)など、様々なものがあります。

細菌による食中毒にかかる人が多くでるのは気温が高く、細菌が育ちやすい6月から9月が多く、ウイルスによる食中毒は冬に流行します。

食中毒を起こす細菌は、土の中や水、ヒトや動物のひふや腸の中にも存在している為、調理過程で菌が付着したり、部屋に長い時間置いたままにしておくと、食中毒の病原菌が増殖します。

古来から伝わる食中毒を防ぐ調理法

食中毒の基礎知識

火による殺菌や抗菌 人類は誕生以来現代まで、食中毒により生命を脅かされてきました。 人類は多くの犠牲を払いながらこの問題を加熱で解決できることを発見しました。 細菌性食中毒の予防には、加熱が最も効果的で、75℃1分という・・・

人類と細菌の関係

食中毒の基礎知識

身の回りの多くの細菌の一部が食中毒を起こす 人間の周りには、細菌、ウィルス、カビなど微生物であふれていますが全ての微生物が人間に有害な訳ではありません。 人間の生活に眼に見える有益な働きをしている菌では納豆菌、イースト菌・・・

細菌やウィルスによる食中毒

食中毒の基礎知識

人間は口から食物を接触し、食物は食道を通り胃へ運ばれ、胃では胃酸という強力な酸が分泌されており食物を消化し、食物に付着した細菌も胃に運ばれることで殆どが死滅します。 ただし、体調不良で抵抗力が落ちている時や胃酸の出が悪い・・・

ページの先頭へ