食物とカラダ

現在の日本人の栄養環境を考えれば、通常の生活をしている限り生死に関わるような

栄養失調は起こる可能性はありません。

逆に食生活の高栄養価が進みカロリーの過剰摂取が問題視されるようになりました。



しかし、健康にとって必要不可欠な栄養素が不足がちになっているのが現状です。



人間が必要としているエネルギーの供給源は、糖質、タンパク質、脂質の3つがあります。

理想的な食事とは、これらの3種の栄養素やビタミン、ミネラルを幅広く様々な食事から
摂取する食事ということが言えます。



このバランスを考えないと、エネルギーや特定の栄養素の過剰摂取が引き金となり、

生活習慣病などの病気になる可能性が高まります。

生活習慣病の一例としては、塩分の過剰摂取による高血圧や動脈硬化があります。



生活習慣病の予防や改善にも、ビタミン・ミネラルは大きな役割があります。

ビタミン・ミネラルが不足がちな人は体調をくずすことが多いとされます。

健康的な体を維持していくには、栄養摂取、適度な運動、十分な睡眠が必要です。



この3つの要素が崩れると、肥満や、心疾患、などの生活習慣病の危険性は高まります。



また、人間の体はストレスを受けると刺激を最小限にするために

抗ストレスホルモンであるアドレナリンを分泌します。

このアドレナリンを体が合成するのにはビタミンが必要です。



また、神経の興奮を抑えるためにはカルシウムが消費されます。

ビタミンやミネラルの不足はストレスへの対応能力を低下させます。

ストレスが多くかかるような現代人は、栄養の摂取に気を配ることで、

この現状を乗り越えていく必要があるのです。

栄養と健康

ビタミンとミネラルの基礎知識

人間が生存に欠かせない物質のことを栄養素と言い栄養素を摂取することを栄養といいます。 人間の体は皮膚、血管、関節、骨、臓器に至るまで全て食事から摂取した栄養素によって作られています。 人間の肌が28日周期で生まれ変わるよ・・・

ビタミンは生物が生成した有機物、ミネラルは土や水に存在する無機物

ビタミンとミネラルの基礎知識

ビタミンとミネラルの違いはビタミンが動植物が体内で合成して作り出された有機化合物であるのに対してミネラルは土壌や水の中に存在している無機物の総称であるところです。 植物は土壌に含まれるミネラルを養分として吸い上げているの・・・

ミネラルとは

ミネラルの種類

ミネラルは、必要量は少なくても5大栄養素の一つです。 不足しても摂り過ぎても体には悪影響を与えます。 様々な食品を広く摂取してバランスが偏らないように気をつけましょう。 現在確認されている118種類の元素の内、ミネラルに・・・

ページの先頭へ