頭皮を切除する外科的手術

抜け毛や薄毛に悩む人たちにとって、発毛・育毛の技術の進化はとても重要な問題であり大きな関心のひとつでもあります。

育毛や発毛においては育毛剤を使用したり、場合によっては医師の処方箋により発毛剤を服用したりと治療も出来ますが、効果が必ずしもあるとは限りません。

そんな中、手術としての発毛があるのご存知でしょうか。

植毛を手術で行う場合、自分の毛根や皮膚などを利用する外科的手術が第一に挙げられます。

これは美容外科などできちんとカウンセリングを行った後、施術を行うものになりますが、自毛植毛と呼ばれる手術になり、自分の耳よりも下あたりの頭皮を切除し毛根を取り出した後、その毛根をさらに細かく分け薄い部分に植え付けていくという外科的手術になります。

頭皮を切除する手術になりますので、やはり怖いとも方もいるでしょう。

しかしこの手術を受けた人もかなりの数はいるはずです。

メスを使わない最先端の手術

しかし現代では美容形成外科クリニックの技術も発達し、医療としてのメスを使わない発毛治療が受けられる様になっています。

この場合の発毛治療としては、毛根など元となる部分に発毛を促す成分を直接注射で与えていく、という治療になります。

今まで美容整形などに使われてきた技術を、頭皮においてもそのまま使えるという事が趣旨になります。

また他にもレーザー照射などの施術治療もあり、多くのクリニックで今薄毛治療が進んでいます。

頭皮を切除して自分の毛根を細胞分けする手術も出来なくはありませんが、近年は美容整形的要素としての薄毛治療が安心で人気が高い様です。

この分野においてはヨーロッパや整形大国と呼ばれる、韓国においても技術は日々進化していっている様です。

これまでの抜け毛や薄毛に対する知識は、間違ってはいませんが時代は常に移りゆくもので、特に美容整形の分野は美に対する女性の探究心がその技術向上を促しています。

そして現在、美容は女性だけのものではなく男性をも引き込んで薄毛や抜け毛への知識を正しく持たせ、改善させる様に変化していっていると思います。