飲む成分タイプの発毛剤は病院でもらうしかない

毛髪が抜ける事により、薄毛などになる可能性がありますが発毛を促進させる方法はあるのでしょうか。

成長期に繰り返される、髪の毛が生えるサイクルで髪の毛は一定量に保たれますが、個人的な差により狂う事があります。

特に男性の場合の抜け毛は、AGAと呼ばれ近年クリニックでの治療を含めて、関心が持たれています。

特に若い世代での薄毛が現代では多くなり、育毛や発毛などの言葉は日常生活の中でも頻繁に聞く言葉となりました。

発毛の方法として一般的なものは、発毛剤や育毛剤が使用されますが飲むタイプの発毛剤として、日本で現在認可が下りているのはプロペシアと呼ばれる医療用の飲み薬しかありません。

プロペシアは発毛の邪魔をする、酵素の動きを抑制することにより発毛を促進させる働きがあり、フィナステリドと言う成分が含まれています。

注意する点は、医師の処方箋がなければ手に入れる事が出来ないので、きちんと皮膚科やクリニックに行き診察を受ける事が大事です。

市販で類似品の購入は可能でしょうが、薬剤師の方にきちんと相談の上購入する様にしないと、自分には合わないものを購入する事になりかねません。

多種多様の塗る成分タイプの発毛剤

現在、あらゆる種類の育毛剤・発毛剤が発売されています。

飲む成分の発毛剤は、認可が下りているのはひとつだけしかありませんが塗る成分の育毛剤は種類も豊富にあります。

しかし、育毛剤と発毛剤とは違いがあります。

育毛剤はヘアケア商品としての扱いになり、医薬品として取り扱われてはおらず、医薬部外品としての分類に入ります。

医薬部外品と書いた商品は日本の薬事法に基づき分類されます。

医薬品と違う点は、その効果が認められるもののそれはわずかなものだという言葉がわかり易いかと思います。

一方で、発毛剤は医学的にその効果が認められたもので、医薬品として販売される事が許されたものになります。

ただし、育毛剤や発毛剤も種類の多さから医薬品なのか、医薬部外品なのか私たち素人にはわかりずらい事が問題です。

商品には、必ず表記がありますので市販のものを購入する際は相談する事が良いでしょう。

基本的には、身体の根本的なものに対して促進を促す発毛剤。

それに対して、生えてきた髪の毛をより良い状態に発達させる為塗布するものを育毛剤と判断すれば、購入の際に大きな差別化が出来ます。