お腹の写真

腸内環境改善法

graph_010

人間は食事から栄養を摂取しますが、これを漢方では医食同源と言います。

これら食事によって摂取した食物は腸で分解吸収されて、栄養となり血液によって身体の隅々の細胞まで届けられます。

脂質の多い食事や農薬や添加物で汚染された食物を食べると腸内が汚染され、栄養を運ぶ血液も汚染されてしまいます。

免疫とは、体内を外敵から守る働きで、自然治癒力という優れた体の防御システムです。

最近の研究で癌、生活習慣病の予防や治療に大きな影響を与える免疫の能力を高めるには、腸内細菌のバランスを正常に保つ事が重要である事が解ってきました。

腸内には100種類100兆個の数の細菌が住んでおり、各細菌が生存をかけて勢力争いをしています。

健康な人の腸は善玉菌が優勢で、悪玉菌を抑制していますが、健康を損ねている人の腸は悪玉菌が優勢です。

腸は人の臓器の中で最大の免疫器官で、・食道・胃・小腸・大腸・肛門は、食物や外気に混ざって侵入してくる病原菌や有害な化学物質等の異物から身体を守るために働いています。

腸の内側は、ヒダ(絨毛)で覆われており、この部位にはリンパ細胞が集中しており、回腸はこの免疫細胞が集中し、バイエル版と言うリンパ組織を形成し、腸内細菌も腸内免疫の活性化に深く関わっています。

免疫力は、20歳前後がピークとされ、加齢とともに低下し40歳で半減、70歳になると10分の1にまで落ちます。

腸の中に食物が次ぎから次ぎへと運ばれてきますが、腸はその栄養成分や化学成分をいち早く分析し、膵臓、肝臓、胆嚢に命令して、適切な反応を引き起こさせます。

加齢により減少する腸内細菌バランスをチェックすることで、腸の老化の度合いや生活習慣病へのかかりやすさを確認する事ができます。

加齢とともに減る

食生活の偏りやストレスの高まりから細菌バランスを崩し、実際の年齢より腸年令が高い人が増えています。

ウエルシュ菌・大腸菌など悪玉菌の多い腸は肉体の老化を早めたり、病気の引き金とになるので、腸内環境のチェックが欠かせません。

健康を維持するためには、善玉菌を増やし、その働きを活性化し、ウエルシュ菌・大腸菌など悪玉菌の働きを封じ込めることが大切です。

プロバイオティクスとは

生体に良い影響を与えるとされる人間の健康に好影響を与える腸内細菌を摂取し腸内細菌の種類や数を制御し、つまり善玉菌を増やし健康状態を高めることがプロバイオティクスの考え方です。

腸内環境は、加齢により変化し、中高年になると人体に有害な悪玉菌の方が優勢になり健康に悪影響を及ぼします。

おすすめの腸内環境改善に役立つ食品

腸を元気にする栄養素は下記の栄養素だと言われています。

  • 善玉菌
  • オリゴ糖
  • 食物繊維
  • マグネシウム
  • ビタミンC

腸の動きが鈍くなっているようであれば水溶性食物繊維やオリゴ糖や乳酸菌をとるようにする。

逆に、腸の動きがスムーズな場合、乳酸菌、マグネシウム、ビタミンCを摂ると良いとされます。

くれぐれも、朝食を抜いたり、炭水化物ダイエットを試みたり、水分をあまりとらないようなことは避けましょう!

腸を活発に動かす食材を上手に組み合わせ、毎日食べることにより、腸を動かすようにしてください。

腸内環境に良い食品の紹介

商品名:善玉菌プラス(おなかマート)

善玉菌プラスなら腸まで生きて届く強い乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維、腸のぜん動運動を促す・マグネシウム・ビタミンCをまとめてとれます!

乳アレルギーの方は食べられません。

善玉菌プラス リサイズ

主要成分
有胞子乳酸菌・植物性乳酸菌・ビフィズス菌・オリゴ糖・食物繊維・マグネシウム・ビタミンC
icon-zendama+
内容量
1包2g×30包 約1ヶ月分
ヨーグルト味
形態
粒状・アルミステック

善玉菌α_粉末 スティック
食べ方
開封してそのまま食べるか、好みの飲み物や食べ物に混ぜてお召し上がりになれます。

open_hand open_scissor
ph01 ph03

お試し有り

詳しくはコチラ 青