「お通じの悩み」の記事一覧(2 / 3ページ目)

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の違いと効果

食事法

食物繊維には水に溶ける、水溶性食物繊維と水に溶けない、不溶性食物繊維の2種類があります。 サツマイモなどに多く含まれる不溶性食物繊維は、水分を吸収し便の量を増やし、腸管を刺激し、ぜん動運動を促す事で知られています。 注意・・・

便秘に良い(効果のある)野菜の紹介

食事法

青菜野菜の特徴 野菜の中でも、食物繊維が豊富な青菜野菜。 冬になるとおいしくなる、ほうれん草、小松菜、春菊などが有名です。 最近では1年中いつでも手にすることが出来るようになりましたが旬は、冬で、葉物野菜は甘みが増して、・・・

便秘とダイエットの関係「食事の量が減ると、当然ながら便となる食物繊維の量も減るため、外に排出されにくくなり、便秘を招く」

女性と妊婦のお通じ

ダイエットをしているのだけれど、思ったような効果が出ない。 そんなに食べていないのになぜか太る原因は「便秘」にあるのかもしれません。 便秘には、さまざまな原因がありますが、共通するのは腸の運動が鈍くなっている状態です。 ・・・

お水便秘解消法

食事法

便秘対策に欠かせないものとして寝起きの冷たいお水があります。 朝の寝起きのコップ一杯の水が腸に刺激を与えて、腸反射を引き起こすと言われています。 食べ物の入っていない空の状態の胃に冷たい水が入ることで胃が刺激され、大腸へ・・・

便秘に良い(効果のある)果物の紹介

食事法

リンゴの特徴 リンゴには、水溶性食物繊維のペクチンという成分が豊富に含まれています。 ペクチンは、柑橘類の果皮にも含まれ、果物に含まれる有機酸と反応してゼリー状に固まる性質があります。 ジャムのゼリー状の粘質の成分がそれ・・・

老人の健康(高齢者の病気の特徴)

高齢者のお通じ

老人、高齢者と呼ばれる世代は、老化とともに循環器系、呼吸器系、泌尿器系、内分泌系、消化器系、感覚器系、神経系などに老化現象が現れ、器官の機能低下が起こります。 特徴として、典型的な症状が出にくいため発見が遅れ、重症化しや・・・

宿便を出す方法

便秘の豆知識

そもそも、宿便という物があるかどうかを考えますと、長年腸にこびりついた便を宿便を指すのであれば宿便は存在しないということが言えるかもしれません。 腸は、表面は細胞に覆われていて代謝を繰り返すとともにぜん動運動により表面の・・・

下痢と便秘の関係

下痢(げり)軟便、泥状便、水様便

世の中には、緊張すると便秘になる人もいれば緊張すると下痢になる人もいます。 便秘と下痢を繰り返す過敏性腸症候群はこの便通異常の典型と言えるかもしれません。 また、便秘で切痔になる人もいれば下痢で痔瘻になる人もいます。 こ・・・

過敏性腸症候群の便通異常

過敏性腸症候群

便とは 便とは、食べた物が消化吸収された後の残りカスです。 食べ物は、口から肛門まで約9メートルの消化器官を通り1日かけて消化吸収され、その残りカスが便として排出されます。 便が排出されるまでの仕組みはコチラ 口:食べ物・・・

ストレスと過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

心理的要因は消化機能に影響を与える 過敏性腸症候群では、便秘型と下痢型がありますがどちらも消化管の運動が大腸の運動が高まっていたりS状結腸が痙攣を起こすなど機能以上が原因で症状が起こっています。 このような状態では、消化・・・

過敏性腸症候群になりやすい人

過敏性腸症候群

几帳面で神経質な人に多い 消化管と脳は密接な関係にあり、自律神経に影響を与えます。 自律神経に問題がある人もこの症状が出やすいとされます。 また、心理的社会的ストレスを多く感じる状態にある人は自律神経が乱れやすいので、ス・・・

症状の改善に向けた生活習慣の作り方

過敏性腸症候群

生活習慣は胃腸に影響する 仕事が長引いたりして生活が夜型になると規則正しい生活も難しくなります。 人間の体は生まれながらに体内時計があり、この体内時計に従い体は機能し、この体内の周期によって、起床、活動、睡眠などに体は順・・・

リラックスの為の自律訓練法・筋弛緩法・深呼吸・その他の方法

運動・マッサージ法 過敏性腸症候群

自律訓練法の効果 理想的な状態とは、緊張(ストレス)と弛緩(リラックス)が程よく組み合わさった状態です。 ストレスは意識せずとも発生しますがリラックスは意識して時間を作らないと出来ないことが多いです。 自律訓練法とはリラ・・・

おなかをケアする方法|冷やさない・温める

下痢(げり)軟便、泥状便、水様便 過敏性腸症候群

入浴や運動は冷え防止に有効 体が冷えると代謝が低下して便秘や下痢を起こしやすくなりますので、冷え性の方は、特に足腰の冷えには注意しましょう! ウォーキングや体操は代謝を活発にして血液の循環も良くなることから冷えの予防に役・・・

下剤が手放せない便秘薬の弊害

下剤と便秘薬

体への負担 口から食べた食物が便になり肛門へ向かって押し出すという流れの中で重要な役割を担っているのが腸の働きです。 腸の働きは脳と密接に連携しており、この腸の働きで特に大きな役割をしているのがぜん動運動と直腸反射です。・・・

過敏性腸症候群の食事

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群では、下痢型、便秘型、交替型、腹痛型など症状は千差万別ですが、原因は腸管の働きが機能していないことでは同じです。 食事により腸管の機能が正常になるように工夫する必要があります。 食事の時間帯は規則正しく 食・・・

ページの先頭へ