「過敏性腸症候群」の記事一覧

過敏性腸症候群の便通異常

過敏性腸症候群

便とは 便とは、食べた物が消化吸収された後の残りカスです。 食べ物は、口から肛門まで約9メートルの消化器官を通り1日かけて消化吸収され、その残りカスが便として排出されます。 便が排出されるまでの仕組みはコチラ 口:食べ物・・・

ストレスと過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

心理的要因は消化機能に影響を与える 過敏性腸症候群では、便秘型と下痢型がありますがどちらも消化管の運動が大腸の運動が高まっていたりS状結腸が痙攣を起こすなど機能以上が原因で症状が起こっています。 このような状態では、消化・・・

過敏性腸症候群になりやすい人

過敏性腸症候群

几帳面で神経質な人に多い 消化管と脳は密接な関係にあり、自律神経に影響を与えます。 自律神経に問題がある人もこの症状が出やすいとされます。 また、心理的社会的ストレスを多く感じる状態にある人は自律神経が乱れやすいので、ス・・・

症状の改善に向けた生活習慣の作り方

過敏性腸症候群

生活習慣は胃腸に影響する 仕事が長引いたりして生活が夜型になると規則正しい生活も難しくなります。 人間の体は生まれながらに体内時計があり、この体内時計に従い体は機能し、この体内の周期によって、起床、活動、睡眠などに体は順・・・

リラックスの為の自律訓練法・筋弛緩法・深呼吸・その他の方法

運動・マッサージ法 過敏性腸症候群

自律訓練法の効果 理想的な状態とは、緊張(ストレス)と弛緩(リラックス)が程よく組み合わさった状態です。 ストレスは意識せずとも発生しますがリラックスは意識して時間を作らないと出来ないことが多いです。 自律訓練法とはリラ・・・

おなかをケアする方法|冷やさない・温める

下痢(げり)軟便、泥状便、水様便 過敏性腸症候群

入浴や運動は冷え防止に有効 体が冷えると代謝が低下して便秘や下痢を起こしやすくなりますので、冷え性の方は、特に足腰の冷えには注意しましょう! ウォーキングや体操は代謝を活発にして血液の循環も良くなることから冷えの予防に役・・・

過敏性腸症候群の食事

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群では、下痢型、便秘型、交替型、腹痛型など症状は千差万別ですが、原因は腸管の働きが機能していないことでは同じです。 食事により腸管の機能が正常になるように工夫する必要があります。 食事の時間帯は規則正しく 食・・・

過敏性腸症候群に良い食材

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群では特別禁止する食品は無いとされます。 症状が重い時はある程度の食事についての制限はありますが原則としては健康な人と同様の食事で問題ありません。 栄養はバランス良く、腸管の機能の調整するために不足しているも・・・

ページの先頭へ