案内する女性

症状がまだ比較的軽度な人は、薬に頼らない方法を目指し、自然なサイクルを取り戻す事を目標としなるべく便秘薬(下剤)の利用を避ける事をお勧めします。

一時的にすっきり出来たとしても、薬の副作用によって腸の機能が弱まり、余計に症状を悪化させるケースがあるからです。

薬の使用はどうしても出ない時だけにして、生活習慣や食事を見直しをしましょう。

毎日3食しっかりと食べ、しっかりバランスを考え、肉食に偏らずに、野菜や果物などを多めに摂り水分もこまめに補給することを意識しましょう。

以上の点を意識しながら毎日の食生活を見直しましょう!

最近は、朝食を抜くケースが多く見られます。

食事を摂らないと腸の働きが刺激されない為おなかの動きが不活発になるので注意しましょう!

腸内の環境を助ける為には毎日の食事に乳酸菌や乳酸菌を助けるオリゴ糖が効果的で、食べ物だけではなく、水分補給も欠かさないように注意が必要です。

食物繊維については、不溶性の食物繊維と水溶性の食物繊維の2種類がありそれぞれに特徴や含まれる食品の違いがあることを覚えておきましょう。

前者はキャベツやレタスなどといった野菜に多く含まれていますが、後者はわかめや昆布などの海草類に多く含まれています。

両方の食物繊維を摂ることが大事なので、野菜だけではなく、海草類も意識して食べるようにしましょう。

上記に挙げたポイントを意識することで、十分解消できる可能性があるので、ぜひ一度試してみて下さい。

腸を助ける食事法を紹介