ビルボード3

このページがおすすめな方

4ビルボード

  • 一回のトイレに最低15分かかる。
  • お通じが3日以上出ていない。
  • 毎日お腹が重くて憂鬱だ。
  • 薬に頼らず便秘を解消したい。

即効で解消する方法はあるのか?

悩んでいる事がなかなか解消されないと不安やイライラがつのります。

即効でどうにかしたい、、、でも、そんな方法はあるのでしょうか?

文字1

もう使用している方はいらっしゃるかもしれません。

よく使っているうちに、だんだん効かなくなって量が増えたり、便意が無くなったりしていませんか?

2文字

そうです、効果が強い薬には必ず強い副作用があるのです。

下剤にはアントラキノンという成分が含まれ大腸に強い刺激を与えぜん動運動を無理に起こして押し出します。

一時的な使用は大丈夫ですが、この薬を長期使用する事で大腸メラノーシスという腸が黒く変色せる病気になり腸が弱ります。

これは外からではわからないので気づかず常用してしまいます。

この強い刺激が問題で、常用しているうちに腸がこの刺激に慣れ反応が鈍くなってしまいます。

つまり、量を増やさなければ効かなくなり、余計に腸が弱り便秘がひどくなるという悪循環に陥ってしまうことが多いのです。

このような状態から抜け出すには、ある程度長期戦で臨まなければなりません。

また、軽めの便秘で下剤を使っていない方もこのような状態になる前に手を打たなければいけません。

これから紹介する方法は、

3文字

即効性はありません、

ゆっくり毎日一歩一歩進み時間がかかりますが必ずゴールにたどり着ける。

そのような、考え方です。

4文字

5文字

西洋医学も東洋医学も同じことを言っている

漢方医学には、「食養生(しょくようじょう)」という言葉があり、バランスのとれた食べ物を摂ることが大切でバランスをとると病気を予防することもできるという考え方です。

腸を活発に動かす食材を上手に組み合わせ、毎日美味しく食べることにより、腸を動かすという考え方です。

また、西洋医学には、プロバイオティクスという考え方があり食事によって腸内環境を改善し、免疫力を上げるとともに腸にまつわる不調、例えば便秘や下痢なども防ぐという考え方です。

食養生やプロバイオティクスにとって必要な食材には下記の食材が最適であると言われています。

・水
・善玉菌
・オリゴ糖
・食物繊維(不溶性食物繊維・水溶性食物繊維)
・マグネシウム
・ビタミンC

特に善玉菌は加齢により減る一方なので、定期的に摂取したいところです。

グラフ

また、この食事法は、便秘の権威で著書多数の松生クリニックの松生恒夫先生も提唱されています。

参照元:松生クリニック

松生恒夫
医学博士、日本内科学会認定医、
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、日本消化器学会認定専門医、
日本東洋医学会専門医、日本大腸肛門病学会専門医、
日本精神分析学会・正会員、日本消化器内視鏡学会関東地方会評議員

それでは、それぞれの栄養素がどのような役割をするのか解説を致します。

6文字

食事にかかせない6種の食材と栄養素

①「水」腸の反応を起こす。

空腹状態の胃に冷たい水が入ると胃が刺激され、大腸は、ぜん動運動を始めるとされています。

また、飲み物や食べ物から摂取した水の一部は大腸に到達して便に吸収されるので便を軟らかくするためにも水は欠かせません。

②「食物繊維」便の量を増やし柔らかくする。

便の量を増やし、便を軟らかくするには食物繊維が良い事はご存知の方も多いかと思います。

成人で1日25g以上の食物繊維を摂取することが奨励されており食物繊維の摂取にあたり水分を良くとらないと便が硬くなりかえって便秘をひどくすることもあるので気をつけましょう。

③「善玉菌」腸内環境のバランスを改善する。

善玉菌は腸の中で腸内細菌のバランスを改善して、体に良い働きをしこれを摂取することをプロバイオティクスと呼び注目されています。

善玉菌の産生する乳酸や酢酸などの有機酸は大腸を刺激し、ぜん動運動が活発になり、更にこれら有機酸は便を腸内で腐敗させる悪玉菌の増殖を抑制します。

これら整腸作用の他、免疫を刺激活性化させることが知られています。

④「オリゴ糖」腸内で善玉菌のエサになる。

オリゴ糖とは、糖が2~20個結合したものを指し原料によって、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、大豆オリゴ糖などの種類があり、いずれも腸内環境に有益な食品です。

オリゴ糖は、善玉菌を増やす食品であるプレバイオティクスに分類されプレバイオティクスとは、消化器官で消化されずに大腸まで到達し、善玉菌のエサになり腸の活動を活発にし便秘に有効な食品群です。

母乳中にも含まれていて赤ちゃんの免疫力を高めることでも知られ腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を良好に保ちます。

⑤「マグネシウム」腸の働きを良くする。

マグネシウムはミネラルの一種で、腸の働きを良くすることで知られにがりもマグネシウムの含有率が多く効果のカギとってます。

又、マグネシウムは脂肪の燃焼など体内の化学変化を促進する酵素として非常に重要な働きをします。

⑥「ビタミンC」腸のぜん動運動を活発にする。

ビタミンCが腸内で分解することによって発生するガスが腸のぜん動運動を活発にするとされています。

また、ビタミンCを多く摂取すると、便が柔らかくなることも期待されています。

善玉菌とオリゴ糖までは良く聞くけどマグネシウムとビタミンcも大切なのですが、ここを見落としていることが多いのではないでしょうか?

なかなか効果が出ない人は、普段の食事にこれらの栄養素が含まれているか確認すると良いでしょう。

続ける事の大切さ

以上、紹介しました食事法は即効性のある方法ではありません。

医薬品などの薬効成分で無理やり出す方法であれば即効性がありますが、あくまで腸が自分の力で排便できるように助ける食事法です。

ですので、ある程度の時間がかかることは覚悟しましょう。

毎日の積み重ねである日、「おおおっ!」または、いつのまにか「するっと出てる!」となるのです。

この気持ち良さ想像してみてください。

生まれつき便秘の方はいません、ただ元の自分の力を取り戻すだけなのです。

また、「良い事を知った!今度、試してみよう」これはだめです。

このような考えは、必ず覚えたことを忘れ、「便秘を解消しよう」という気持ちも忘れてしまうことでしょう。

今から行動してください、「覚えた事をメモする」も「このページをブックマークする」も行動の内です。

とにかく、なんらかの行動をすることが大切で、行動することから全ては始めるのです。

行動がなければ結果はゼロなのですから。

ゼロ

このサイトを見た方から、月に何度か「私も成功しました!」という嬉しいメールを頂くことがあります。

メールできるくらいに、このサイトを覚えていらっしゃる方は多く見積もっても1,000に1人位だと思います。

ということは多くの方が、すっきりとした気持ちよさを毎朝実感されているのでしょう。

そう考えると私も時間をかけて情報を集めて良かったとこころから思います。

今サイトを見ているあなたも、成功された方々の仲間入りをされることを心から願っております。

サプリメントのメリット

下記に私が探したサプリメントをいくつか紹介しておきます。

上記、栄養素が入っているもので国内で販売されている物を探してみました。

自分で栄養素の入った食材で摂取できる方は、その方がより自然に近いのでその方が良いでしょう。

サプリメントは、あくまで続けるための工夫で

メリット

などのメリットがあります。

カラダの教科書のおすすめする食品(サプリメント)

  • rank01商品名:善玉菌プラス(おなかマート)

    善玉菌プラスなら腸まで生きて届く強い乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維、腸のぜん動運動を促す・マグネシウム・ビタミンCをまとめてとれます!

    乳アレルギーの方は食べられません。

    善玉菌プラス リサイズ イラスト表
    主要成分
    有胞子乳酸菌・植物性乳酸菌・ビフィズス菌・オリゴ糖・食物繊維・マグネシウム・ビタミンC
    icon-zendama+
    内容量
    1包2g×30包 約1ヶ月分
    価格
    3,980円(税込)
    ヨーグルト味・甘い
    形態
    粒状・アルミステック

    善玉菌α_粉末 スティック
    食べ方
    開封してそのまま食べるか、好みの飲み物や食べ物に混ぜてお召し上がりになれます。

    open_hand open_scissor
    ph01 ph03

    お試し有り!1ヶ月分1,000円!

    コチラ緑

  • rank02

    商品名:カイテキオリゴ(北の達人)

    北の大地のオリゴ糖です!プロバイオティクスの内、オリゴ糖を含有してます!

    飲み物に混ぜてお飲みください。

    eos_pre

    主要成分
    オリゴ糖
    origo
    内容量
    150g 約1ヶ月分
    価格
    2,838円(税込)
    砂糖味・甘い
    形態
    紙袋
    食べ方
    飲み物に混ぜて飲む

    コチラ緑

理想的な食事の回数

三食摂ることにより自律神経の働きを整え腸の反射を呼び起こし、身体に一定のリズムを与えます。

人の体は、交感神経と副交感神経からなる自律神経によって多くの機能がコントロールされており不規則な生活やストレスの多い暮らしが続くと、自律神経の働きが乱れ身体の不調につながるのです。

便秘は副交感神経と脳の中枢神経によってコントロールされ自律神経の乱れは便意の低下や乱れにつながり便秘を引き起こします。

食生活を見直して腸を健康にするとともに生活のリズムも改善し、便意の起きやすい状態を維持しましょう。

朝食:食べ物が胃に入ると、腸が反射してぜん動運動をはじめ、直腸反射が起き便意が生じる。

昼食:昼食のあとにも腸反射が起きる。

夕食:夕食時は朝や昼に比べると便意が起きにくい。

朝食の重要性

朝食には体を目覚めさせる働きがあり朝食を食べると<生活のリズムをつくれるので欠かさないようにしましょう!

寝ている間、人間の胃腸は休んでいますが朝目覚めると活動を始め、活動スイッチのひとつが朝食なのです。

主食であるご飯やパンなどの炭水化物は脳を唯一のエネルギー源で主食が脳や腸を目覚めさせる働きがあるわけです。

また、朝食を食べると体が温かくなり活動力がアップし五感も刺激して、体を目覚めさせることに役立ちます。

まずは料理を見る視覚の刺激、料理のおいしそうな臭いを嗅ぐことで臭覚に刺激し食べることにより味覚をいう刺激も受け腸の活発な運動を促すには大切な習慣です。

空の胃に食物が入ると、大腸の横行結腸からS字結腸にかけてぜんどう運動がはじまります。

胃・結腸反射と呼ばれ、ぜん動運動によって、小腸の消化物は結腸に押し出され、大腸へ移動します。

大腸で、余分な水分が吸収され直腸に送られると脳に伝達され便意を感じるのです。

この、胃・結腸反射が起こりやすいのが朝食後だと言われています。

便意は、結腸に溜められていた便が直腸へ移動した時に脳へ伝達されますが、この便意を我慢し続けると慢性的な便秘の原因となりますので注意が必要です。