グラスに入った1杯の水

便秘対策に欠かせないものとして寝起きの冷たいお水があります。

朝の寝起きのコップ一杯の水が腸に刺激を与えて、腸反射を引き起こすと言われています。

食べ物の入っていない空の状態の胃に冷たい水が入ることで胃が刺激され、大腸へ活動開始の信号を送るのです。

腸反射とは、腸が波打つように動きながら内容物を次の器官へ送る運動を指します。

下剤で弱った腸など腸の能力が低下するとこの動きが弱まり内容物、つまり便を送り出す能力が下がるとされています。

さて、水ですが飲む時間は寝起きが良く、休んでいた腸を起こす役割があるのと排便の時間は朝が出やすいので、寝起きがよいとされています。

これは前日食べたものが消化吸収され大腸まで降りてくる時間がだいたい起床の時間にあたるからです。

また、できれば冷たい水が良いので寝起きに冷たい水を1杯飲むように心がけましょう!

この刺激のより、動き出した腸が、腸に溜まっていた便を直腸へ送り出して便意をおもよおす事が期待されています。

また、健康の上でも朝の水分補給に最適です。

また、水は腸で吸収され大腸では便の水分を調節していますので便が柔らかくなることも期待できます。

水が大腸のぜん動運動を活発化させる

便をやわらかくするためには水分は欠かせません。

飲んだ水はそのまま大腸まで到達するわけではなく水は1日1リットル飲んだとしても大腸まで到達するのは100ml程度とされます。

また、大腸の水分は腸から再吸収されるため便に含まれる水分は更に少なくなります。

もちろん、水分が少ないと便は硬くなります。

夏は汗で水分が失われるので、この時期に悪化する時は水分の不足も考えられます。

水分の最適な摂取量は一日1.5~2リットルが望ましいとされています。

水は腸のぜん動運動を促進する働きがあるとされているので意識して水分を補給するようにしましょう!

水以外の便秘に良い要素の解説