トイレ前ですっきりする女性と便秘に悩む女性

便秘の原因には病気、加齢、生活習慣や食習慣、筋力や性差など様々な要因がある

女の子 困る

色んな種類があるのはわかったけど

対策をするには原因が何かを知る必要がなるんじゃないかしら?

先生

その通りじゃぞ

症状はなんらかの原因にたいしての結果だからのう。

ここでは考えられる原因について解説をしよう!

便秘を悪化させる原因とは?

原因は肉体的な要因と同じように生活習慣の中に潜んでおり更に悪化させる原因は何なのかを知っておく必要があります。

原因:1 排便を我慢する。

女性に多くみられるケースですが、外出先でうんちをするのが恥ずかしいであるとか、学校や職場でうんちをするのが恥ずかしいという理由で我慢をしてしまうケースが多いようです。

便意が起こる仕組みと我慢の弊害

原因:2 加齢で腹筋や腸が弱くなる。

加齢により誰でも筋肉の委縮や神経細胞の減少が起こり結果として腸の活動も不活発になり排便をしづらくなるケースがみられます。

高齢者(老人)が便秘になりやすい理由

原因:3 偏った食生活

間違ったダイエットや不規則な生活で朝食を抜く人に多く結果として腸の働きが悪くなってしまうケースがみられます。

食事は腸を動かすために不可欠なもので特に午前中は「大ぜん動」という腸の運動が起こる時間帯で、朝食は健康な腸の活動に必要なので大切にしましょう。

食事とお通じの関係

原因:4 不規則な生活

生活のリズムと排便(うんち)のリズムは密接に関係しており腸は自律神経の働きにより特に意識をしなくても口から入った食べ物を腸へ送り、腸から肛門へと自動的な運動をしています。

不規則な生活がホルモンバランスをくずしたり、自律神経に影響を与えることで腸の活動を低下させ便秘をひどくさせる可能性があります。

睡眠不足が便秘に良くない理由

原因:5 過大なストレス

ストレスを受けている人の腸では交感神経の働きが強くなり腸の働きが抑制され便秘を引き起こします。

友人関係や仕事のストレスなど、あらゆるストレスが腸の働きを悪くする可能性があるのでストレス管理を自分でできるようになると良いでしょう。

ストレスによる便秘の対策

原因:6 運動不足

病気やけがで入院されたかたは経験があるかもしれませんが、運動をしない状態が長く続くと筋力が落ち排便力も低下します。

特に腹筋がおちると便秘になりやすいので気をつけましょう。

便秘に良い運動法はコチラ

原因:7 睡眠不足

睡眠不足は身体のリズムを乱し排便のリズムを乱しますので、自分のリズムを作るためにもしっかり睡眠を取るように致しましょう。

溜まったストレスが原因で便秘になるケースもあり自律神経に影響を与えるような過度なストレスには気をつけなければいけません。

自律神経の乱れは腸の乱れにつながり結果として便秘になりますので、毎朝排便が出来る人でも夜更かしで便秘になる可能性があります。

睡眠不足からくるストレスの防止のためにも効果的な睡眠を取るように致しましょう。

睡眠中の外部からの刺激は質の悪い睡眠となりますのでカーテンや雨戸を閉めるなど静かな環境を整えるように心がけましょう。

日中に運動などをすると心地良い睡眠を取ることが出来るでしょう。

不眠で悩まれている方は眠れないことを気にしない用にし、悩むことがストレスに繋がることは避けなければいけません。

おすすめの睡眠法はコチラをご参照ください。

便秘の放置は危険

以上の解説を読んで、自身の生活習慣に心当たりはありましたでしょうか?

いずれの原因にしろ、便秘を放置することは良くありません。

下剤依存症に陥る危険性だけではなく、排便は老廃物や食べ物のカスの排出以外にも解毒や免役という大切な役割を担っています。

このため、便秘を放置しておくと便が腸内でうっ滞して有害物質が血管を通じで体内に循環してしまいそれら循環する毒素は、血行を悪化させ冷えやむくみ、肌荒れをまねいたり肝臓の機能の低下も懸念されます。

また、大腸ガンのリスクも上昇するとされるぼで、便秘の慢性化は避けたいところです。

腸の不調は脳にも影響を与えるんじゃ!

自律神経の不調から起こるイライラや不安感などの精神状態の悪化につながるので

精神的にもリラックスした状態を保つことが大切じゃ!

まだ、便秘ではない方は便秘の予防に努め既に便秘であると自覚されている方は改善・解消を目指しましょう。