予防のポイントを解説する女性

便秘の予防・対策で大切な事

女の子 困る


博士!便秘にならないようにするにはどうすれば良いの?

何か方法があったら教えてくれませんか?

先生

よし!ここのページでは

便秘を防ぐ方法について解説をしよう!

規則正しい生活を維持することが大切です。

生活習慣により便意を我慢している内に便秘になってしまったり無理なダイエットにより便秘になってしまう人が増えているようです。

生活習慣の見直し便意は我慢しない食事はしっかりとるなどで予防できる事がたくさんございます。

また、食生活の乱れや食事の偏りかが原因となる可能性がるので一度自分の食生活の見直しをしてみましょう。

運動や規則正しい生活をしてください。

便秘の原因でお話しした通り、不規則な生活や間違ったダイエット偏った食生活を改め規則正しい生活を送り生活を改善させ生活環境の向上を目指してください。

症状がある人は引き続き解消法各種をご覧になって参考にしてください。

おなかに優しい食品を選びましょう

お腹に良さそうな食べ物

おなかに優くとは食物繊維などを多く摂取することと腸内環境を改善する食べ物を摂取する具体的にはプロバイオティクス善玉菌を増やすなどを普段の食生活で心がけることが大切です。

からだの中で消化・吸収されない食物繊維は、水分を吸収して膨張し、便のかさを増やして便通を促進しますので弛緩性便秘には、食物繊維と水分を積極的にとることが必要です。

食物繊維は、野菜や果物、精製する前の穀類(玄米)などに多く含まれ野菜類の中でも、とくに繊維が多いのは、たけのこ、ごぼう、はす、セロリなどで、きのこ類や海藻類にも多く含まれています。

果物は、一般的には生のほうが適していますが、したプラムを煮たものなども効果的です。

食事から見直す方法についてけいれん性便秘には、不溶性の食物繊維は刺激が強すぎて不適当です。

繊維をとるなら、こんにゃくなど水溶性の繊維が適しており消化のよい白米、白パン、うどん、脂肪の少ない肉類、白身魚、豆腐などもおすすめです。

野菜類は繊維の少ないものを選び、パイナップルやいちじくなど繊維の多い果物は避けるようにしまし、味つけは全体にうす味を心がけましょう。