「お通じの悩み」の記事一覧

便通には個人差があり、自分の便通パターンを把握することで精神的にも安心ができ、対策も立てやすくなります。

下記に、時間、サイクル、便の出方に分類してありますのでご自身のパターンと比較をしてみてください。

自分は何時排便しやすいのか?

普段自分は、朝にトイレへ行くのか、昼に行くのか、夜に行くのかを意識してみましょう!

朝に便意があるようならば、自然な状態でトイレにいけるように、早起きの習慣を身に着けて朝の便意を見逃さないようにしましょう

トイレは、昼食後に行くタイプであれば、食後に休憩時間中に行けるように昼食は早めに済ませ、便意を逃さにように心がけてください。

夜、トイレに行くタイプであれば、食後やお風呂などの時間でリラックスできるような時間を作り夜の便意を逃さないように心がけましょう。

何時、便意が起こりやすいのか、我慢をしていないかなど悪い習慣を取り除くことで健康的な習慣を身につけることができます。

自分の排便サイクル

決まった時間に出ないと焦ると、それがストレスとなる可能性があります。

2日に一度、3日に一度であっても残便感が無くすっきりとしてお通じがあるようなら心配はありません。

排便のサイクルを把握してリズムを身につければ良いとされています。

毎日排便があっても残便感がありすっきりしない場合は一度病院に行かれて診察を受けましょう!

専門家に原因を特定してもらってから解消法を考えるほうが早道の場合があります。

便の量や便の種類を確認する

自分の正常な状態がわからなければ、以上にも気づかないものです。

が少なくても自分がすっきりしたと感じていれば問題はありませんが、便の硬さもスッキリ出た時の感覚を覚えておき、毎日の排便でその状態に近づけることが大切です。

便秘の程度チェック

女性スタッフが健康チェックをしている様子

女の子 困る

うんちが出なくてなんだかすっきりしないな

はっ!これはまさかの便秘なのかしら?

博士!教えてくれませんか?

先生

うーむ

それだけではどうなのかはわからんぞ!

よし、チェックシートを作ったから

自分でチェックをしてみたら良いぞ

便秘のチェック項目

  1. 便意を我慢することが多い。
  2. 1日の食事は1回か2回である。
  3. 排便できないとお腹が張ることがある。
  4. 便が硬い。
  5. 下剤を服用しないと3~4日に一度しか便が出ない。
  6. 運動をあまりしない。
  7. 下剤を使うようになって1年以内である。
  8. 自然に便意が起こらない。
  9. 下剤を使わないと便が出ない。
  10. 下剤を使って便をするのは週に1回程度である。
  11. 下剤を使うようになって1年以上であり5年未満である。
  12. 便や放屁の臭気が臭いと感じる。
  13. 下剤を毎日使っている。
  14. 下剤を常用量より多く使っている。
  15. 下剤を飲む時は常用量の2倍以上を使っている。
  16. 体重が多い時に比べ10kg以上減少している。
  17. 下剤を5年以上使い続けている。

チェックが①~⑥のいずれか(あるいはいくつか)当てはまる

先生

毎日では無くても定期的にうんちが出が出ているようじゃ!

おなかの張りが感じられる停滞腸の状態と言えよう。

下剤に頼るほどのひどい便秘では無いんじゃが

悪化の可能性があるので食事や運動で腸内環境の改善を目指すのじゃ!

軽度の対策・解消法のページ

チェックが⑦~⑩のいずれか(あるいはいくつか)当てはまる

先生

すでに自力ではうんちが出にくい状態なのではないかな?

困ったときは下剤に頼る生活しているかもしれないのう。

休日ごとに下剤を服用して、一挙に排便する人が多く

このままでは、数年以内に下剤が手放せなくなり、副作用が現れる恐れがある。

腸内環境の改善や腹筋をつける等の努力をすると良いであろう!

下剤は使うがまだ下剤依存症ではないと思う場合

チェックが⑪~⑭のいずれか(あるいはいくつか)当てはまる

驚く先生

自然な便意が完全に失われ、放置しておくと1週間でも2週間でも全くうんちが出ない状況が多いんじゃ。

下剤もすでに手放せなくなっている状態なのではないか?

自然な排便力を取り戻すまでには時間も根気も必要になるので

生活習慣を見直して腸内環境を改善し、下剤依存を脱出するのじゃ!

既に下剤依存症だと思う場合

チェックが⑮~⑰のいずれか(あるいはいくつか)当てはまる

驚く先生

排便力が全くない状態と言えるのう

便秘やそれにまつわる症状で医療機関にかかったことがあるのではないかな?

医師の指導の下、下剤の減量治療を受けることが大切じゃぞ!

便秘の基礎知識

便秘とは 便秘の種類と特徴 便秘の原因
便秘の予防と対策 便秘解消法

シュチュエーションから探す

  

  

 

 お腹にはりがある(腹部膨張感) KuwBot11
 お腹にガスがたまる KuwBot11
 便がかちかちの時 KuwBot11
 頑固でなかなか・・・ KuwBot11
 便意が無くて・・・ 
 残便感が気になります・・・ 
 ストレスが溜まると・・・ 

程度から探す

 程度が軽い 
 まだ下剤依存症ではない 
 既に下剤依存症だと思う 

性差と年齢から探す

 女性と妊婦のお通じ  
 老人(高齢者)のお通じ 
 赤ちゃんと子供のお通じ 

解消法

 食事による解消法  
 運動法・ストレス管理 
 タイプ別解消法 

対処法から探す

 下剤と便秘薬 
 排便に関わる体の仕組み  
 お通じ豆知識 
 下痢(げり)の種類と対策 
 過敏性腸症候群に関する記事 

参照元:便秘に効く乳酸菌・善玉菌サプリ通販

便秘茶の種類と効果|有効成分や副作用の解説

食事法

ハーブティーの特徴 ハーブティーは、世界中で古くから飲み続けられてきた、伝統的な健康飲料です。 医学が発達していなかった当時は、医薬品としても利用されていました。 特に便秘の対策としてのハーブティーは効果が広く知られてい・・・

便秘の種類は、直腸性、弛緩性、けいれん性の3種類に分けられそれぞれ腸の働きの違いや症状などに特徴がある。

便秘

便秘の種類 一過性単純便秘 この便秘は一過性のものですので、その原因が取り除かれれば治るもので下記のケースが有ります。 ダイエットを始めて便秘になる 急激な食事制限などで、食事の量が減り便の量が減ることで便秘になりやすく・・・

便秘の原因|原因は運動不足、食事の不摂生、病気由来、加齢やライフサイクルによるものまで様々です。

便秘

便秘の原因には病気、加齢、生活習慣や食習慣、筋力や性差など様々な要因がある 便秘を悪化させる原因とは? 原因は肉体的な要因と同じように生活習慣の中に潜んでおり更に悪化させる原因は何なのかを知っておく必要があります。 原因・・・

便秘の予防と対策

便秘

便秘の予防・対策で大切な事 規則正しい生活を維持することが大切です。 生活習慣により便意を我慢している内に便秘になってしまったり無理なダイエットにより便秘になってしまう人が増えているようです。 生活習慣の見直し便意は我慢・・・

便秘解消に必要な栄養素と効果的な食事法

食事法

このページがおすすめな方 一回のトイレに最低15分かかる。 お通じが3日以上出ていない。 毎日お腹が重くて憂鬱だ。 薬に頼らず便秘を解消したい。 即効で解消する方法はあるのか? 悩んでいる事がなかなか解消されないと不安や・・・

運動による便秘解消法

運動・マッサージ法

運動で身体の働きを活性化! 適度な運動は自律神経を正常化させる効果があります。 運動中は交感神経を緊張させますが、運動後は逆に副交感神経が緊張し心も体もリラックスできます。 人間の体は二つの自律神経が交互に切り替わること・・・

頑固な便秘「便が大腸に滞留することで過剰に水分が吸収されコロコロした便になる」

タイプ別 解決法

頑固で困っている人の特徴は 便が硬くて困っている方すっきり感が足りないと感じている方が多いのではないでしょうか? 理想的な便の水分は70~80%で、形は「バナナ状」が理想とされこれ以上水分が多くなるとウンチは軟らかくなり・・・

便意が無い便秘「便の我慢を繰り返し直腸が鈍感になり、便が溜まっても感じなくなる」

タイプ別 解決法

トイレへ行っても便意を感じない、又は、便意があるのにもかかわらずトイレへ行くと、大便が直腸のところまで下りてきているのに、出てきてくれない状態こんな経験をされた事はありますでしょうか? 便意のメカニズムについての詳しい解・・・

ストレスによる便秘「ストレスにより自律神経が異常をきたし腸の働きが悪くなる」

タイプ別 解決法

ストレスと便秘の関係 ストレスは自律神経中枢へ与える影響が大きいことで知られています。 自律神経に影響が出るとぜん動運動が異常をきたし便秘や下痢を招きやすいとされています。 ストレスを受けると胃腸は影響をストレートに受け・・・

便意のメカニズム「口から食物が入り刺激され脳へ信号が送られ便意が起こる。」

排便にかかわる体のメカニズム

食べることで腸が動き便意が起こる 口から食べ物が入ると胃や腸が動き出し腸が刺激されることにより脳へ信号が送られ便意が起こります。 このことにより、胃や腸が機能することでスムーズに排便されるのです。 便意が起こるメカニズム・・・

軽度の方へのお勧め

タイプ別 解決法

症状がまだ比較的軽度な人は、薬に頼らない方法を目指し、自然なサイクルを取り戻す事を目標としなるべく便秘薬(下剤)の利用を避ける事をお勧めします。 一時的にすっきり出来たとしても、薬の副作用によって腸の機能が弱まり、余計に・・・

まだ下剤依存症ではない

タイプ別 解決法

下剤依存症になる前に、自分の力を取り戻しましょう! 慢性化しつつある人で、注意すべきなのは、安易な便秘薬の使用です。 良く見受けられるケースとして、すぐに薬に頼ってしまい、次第に薬なしでは出なくなり、下剤依存症に陥ってし・・・

ページの先頭へ