試験管とスポイドの研究開発

腫瘍マーカーp53抗体とは、がん細胞が体内に存在すると発症するマーカーの一種です。

がんの診断において多様化する検査の抗体に関する知識がないとせっかくの検査の意味を成しません。

今回は、そんながん細胞のマーカーに関してわかりやすく解説してきます。

では、マーカーの検査はがん細胞が増殖することによって出てくるもので、がん細胞に含まれているタンパク質に対して人体が防御機能として作った抗体の増え具合で、がん細胞の有無を検査しています。

紹介するp53抗体は2007年11月に厚生省の認可が降りた腫瘍マーカーで、従来の腫瘍マーカーに比べて本当に初期の段階でのがん細胞の早期発見に貢献できる腫瘍マーカーです。

がん細胞の早期発見はがん治療における一番重要な部分であるので、この腫瘍マーカーの検査はがんを疑う前の段階の方、一度完治したものの再発が心配な方には非常に薦めたい腫瘍マーカー検査となります。

対応できるがんは、食道がん、肺がん、乳がん、子宮がんに関しては発見の特性が高いとされています。ですが、体全体でのがんが早期の段階であるかどうかを探すにはこの検査方法がお勧めです。

検査でわかることは、1cm以下でも固まったがんのしこりがあれば発見することができるのです。

ただし、この腫瘍マーカーは特異的な臓器に存在しているがん細胞を見つけることができるわけではないので、初めて腫瘍マーカー検査を受ける方は、他の検査も併用することが大切になります。

再発で検査をしている場合は、一度がんになった箇所の臓器を調べることでがん細胞の発見をすることが可能なので、是非治療後の定期的な検査において選択せべき腫瘍マーカー検査です。

p53抗体とは

がん細胞はひとたび発生すると猛烈は早さで増殖しますが、免疫ががん細胞の増殖を抑えています。

p53蛋白質は遺伝子の異常から生体を守る機能を担っており、遺伝子の修復や細胞周期の制御、などの機能を有する癌の抑制遺伝子とされてます。

人体に癌ができるとp53 遺伝子の変異が認められ、p53遺伝子自体に突然変異が生じると、p53蛋白質の機能が欠損し腫瘍の発生が起こるのです。

がん細胞におけるp53遺伝子の変異は、大腸・胃・乳腺・肺・脳・食道などの腫瘍においてp53遺伝子が突然変異を起こすことが確認されるのです。

p53蛋白質に対する自己抗体(p53抗体)は、がんをもつ患者の血清に見られることがわかり、p53抗体が発生した時はp53遺伝子の変異があると認識されています。

つまり、p53遺伝子に突然変異が生じることにより変異p53蛋白質が細胞核内に蓄積することが、この腫瘍マーカーにより癌を検査するメカニズムなのです。

がん化の初期に様々な臓器でp53遺伝子の突然変異は起こることから、p53抗体の出現を検出することにより早期がんの診断が可能になることが考えられます。

p53抗体の測定の有用性

従来の腫瘍マーカーは、早期のがんでは陰性であることがありましたが、p53抗体は微量のがん細胞であっても検出できる可能性が高いことが特徴です。

早期の段階から陽性となることや、従来の腫瘍マーカーとの重複が少ないことで有用性が高いと考えられます。

また、がんの早期発見に有効とされるPET検査がありますが、この検査ではといわれていますが、がん細胞が1cmの大きさになるまで判らず、補足されない期間は約5~20年といわれています。

PET検査は、がんを検査する方法の一つで、「PET」とは「陽電子放射断層撮影」という意味です。

p53抗体はがんの早期発見に有効

2007年11月、新早期がんマーカー「p53抗体検査」が厚生労働省より保険適用認可となりました。

厚生労働省も、根治のできる可能性の高い段階での発見ができるとし、従来の方針から転じ、他の腫瘍マーカーとの組合せ検査を推奨しています。

実際の臨床事例においても、各ステージの陽性率の重なりが少なく、従来の腫瘍マーカーの欠点である早期ステージの感度を補っているとされます。

偽陽性率が低い

この腫瘍マーカーの最大の特徴は、擬陽性率が低いので早期がんの検査に力を発揮します。

p53抗体は遺伝子変異が原因の測定法なので、がん以外病変では反応しにくいため判定の精度が向上します。

p53抗体でわかる病変

食道がん、肺がん、乳がん、肝臓がん、子宮がんなど様々ながんに反応

p53抗体の基準値

1.3U / ml 以下