ダイエットする女性

実は肥満と酵素には深い関係があります。なぜなら多くの肥満の原因が酵素不足によって起きているからです。

酵素が不足すると消化と代謝がスムーズに行われなくなります。

そうすると栄養がきちんと吸収がされないばかりか、老廃物が溜まっていき太りやすくなるのです。

ということは、体内の酵素を増やせば、きれいに痩せられるということになります。

ではどのように酵素を増やせばいいのでしょうか。

酵素の無駄遣いをしない

体内にいくら酵素があっても、消化と代謝以外の仕事に追われていては、酵素を使ってダイエットをしようとしても上手くいきません。

①欧米型の食事を控える

動物性たんぱく質や脂質の多い欧米型の食事は、和食と比べ多くの消化酵素を使います。普段の食事を和食に切り替えることで、消化酵素を節約することができます。

②食品添加物を避ける

添加物も消化する際に多くの酵素を必要とします。

③タバコを吸わない

喫煙をすると酵素が破壊されます。

④お酒はほどほどに

アルコールを分解するためには多くの消化酵素が必要となります。

深酒は控えましょう。

⑤ストレスを溜めない

ストレスを感じると脳で多くの酵素が使われることになります。

ストレスを溜めないよう、自分なりのストレス発散方法を知っておきましょう。

酵素を食べ物から摂る

酵素を外から補給して、体内酵素の働きを助けましょう。

食物酵素を摂る時のポイントがこちらです。

①ローフード(生の食べ物)を積極的に摂る

加熱すると酵素が激減するので、生で食べましょう。

特に生野菜や果物は毎食取り入れたいものです。

酵素を多く含む野菜・果物  完熟バナナ・キウイ・りんご・パイナップル・大根・アボカド・人参など

②発酵食品を積極的に摂る

漬物や納豆、乳製品などの発酵食品を摂ることで腸内環境が改善されます。

③酵素補助食品を摂る

手軽に始められる青汁や酵素ドリンクなどには、多くの酵素が含まれています。

④体を温める

酵素は37°C前後で活発に働きます。

そのため冷え性だったり、低体温の人の体ではせっかく摂った酵素も力を発揮できません。

特に筋肉量が少ない女性は体が冷えている傾向にあります。

夏場でも冷たいものばかり口にするのは避け、1日の終わりにはシャワーではなく湯船に浸かって体全体を温めましょう。

まとめ

酵素ダイエットとは規則正しい食生活と、体を常に温めるように意識することの2点が柱となっています。

今まで不摂生をしていた人はもちろん、そうでない人も更に意識して生活するだけで美しく健康的に変わることができます。

酵素が健康に与える影響についての解説