蒸し暑い夏、衣服に覆われていない腕ですら、汗をかいて放置するとかぶれてしまい、あせもなどになってしまったことはありませんか?

デリケートゾーンは膣や尿道、肛門など汚れや雑菌が発生しやすい器官が密集しています。

ところが、世の女性の多くは下着やパンツ・スカート、ストッキングなどを重ねて着用していますよね。

このようにデリケートゾーンには蒸れやすい条件が盛りだくさん。

それ故にきちんと対策やケアをしないと皮膚がかぶれてしまうことは珍しいことではありません。

ではかぶれはどのように対策するべきか、解説していきます。

デリケートゾーンの汚れ、本当に全部落ちていますか?

デリケートゾーンは皮膚のふくらみや、ヒダ状になっている部分も多いために汚れが落ちにくい構造になっています。

ですから肩やおなかと同じように洗っても実は汚れは全然落ちていない、なんてことも少なくありません。

おりものや月経などもひだに入りこんでそのまま付着したままにしておくと、かぶれの原因になってしまったり、かぶれた場合に治りにくい原因にもなってしまいます。

化学成分を含まない中性の石鹸などを用い指でひだの裏側までマイルドに洗う習慣をつけましょう。

ふだんからケアをすることでかぶれにくい健康で丈夫なデリケートゾーンになりますし、いざかぶれができてしまっても、清潔な状態であればかぶれの悪化を食い止める手助けにもなります。

またデリケートゾーンが蒸れたり、汗を掻いた感触があれば、お肌に優しいタイプのウェットティッシュでこまめに拭いたり、汗がひどい場合は下着自体を変えることで雑菌の繁殖やかぶれができにくい環境になります。

特にジムやジョギングなど激しく汗を掻いたあとは、このようなケアはできるだけ忘れずにしたいものです。

・ところで、かぶれが起こる最大の原因は何かご存知ですか?

想像はついている女性は多いかと思いますが…生理中です。

普段はあまりデリケートゾーンの蒸れを感じない人でも生理中の生理用品、特にナプキン使用時に蒸れてしまったり、痒みを感じる人は少なくないようです。

特に夏の蒸し暑い時期は普段よりこまめにナプキンを交換することが重要と言えます。

また月経の量が少なく、一見汚れていないナプキンでも放置すると雑菌が沸いていることも…!近年では7~8時間以上使える、などと謳う製品も出回っていますが、安心せずに特に夏の間は2~3時間おきに一度交換するくらいがよいでしょう。