デリケートゾーンのムレは不快なだけではなく、雑菌を発生させ、デリケートゾーンのニオイの原因になってしまったり、かゆみを引き起こしたり、膣に炎症を起こすなど、実は甘く見てはいけない現象だとはご存知でしたでしょうか?

今回はデリケートゾーンのムレの原因とその対策について解説していきます。

蒸し暑い夏以外にもムレの原因になるモノは色々あります。

想像に難くないとは思いますがデリケートゾーンが一番ムレやすい時期…それは生理中です。

生理中にはどのような生理用品を使用されていますか?

ナプキン派の人は特にですが、生理中はデリケートゾーンが蒸れてかゆくなってしまったり、なんとなくニオイが気になりがちになりませんか?

特に夏場は2~3時間おきに取り換えてもデリケートゾーンが蒸れているような感じがするという女性も少なくないでしょう。

ではどうしたらいいのか、ですが現在ナプキン派の人は可能であればタンポンに切り替えることでデリケートゾーンへのムレを防ぐことができます。

ただどうしてもタンポンが苦手、という人も実際は多いですよね。

そこでお勧めなのが、布ナプキンとディーバカップです。

どちらかといえばナプキン派の女性にお勧めしたいのは布ナプキンの方ですが、その名の通り布製なのでムレ感が大幅に減少します!

それだけに留まらず、布ナプキンには科学物質が使われていないので、生理が軽くなったり、どろっとした塊のようなものが出なくなったなどうれしい副作用(?)も実は多いんです。

何度も洗濯して再利用できるのでお財布にも優しいところもポイントが高いですね。

今はタンポン派という女性におすすめなのが月経カップのディーバカップです。

始めは慣れるまでに少し練習が必要ですが、要はタンポンのように差し込むタイプです。

タンポンの「月経をしみ込ませる」に対してディーバカップは「月経を溜める」といったイメージで、一度挿入すると最大10時間ほど交換不要で、こちらも科学物質が含まれていないために使用者からは生理が早く終わったり、生理痛が軽くなったという声も多いです。

またラテックスアレルギーの方でも安心して使えるシリコン製になっています。

生理中によくムレが気になる…という女性は生理用品の見直しをしてみるのも良いかもしれませんね。

もう一点、生理用品以外に気を付けたいのは身に着ける下着やタイツ、ストッキングなどです。

下着はコットン製など通気性がよい素材のものに変え、ストッキングなどもシルク製のものにするか、もしくはひざ丈、太もも丈くらいのものに変えるなど、デリケートゾーンが蒸れない環境を作ることも大切です。

また、何を着用してもどうしても蒸れてしまう場合は、下着自体を日に何度か交換してみるのも一つの手です。

それではデリケートゾーンをムレから解放して快適な日々を過ごしましょう!