デリケートゾーンのニオイはどんな女性でも一度や二度は遭遇するものです。

その原因はバクテリアやガンジタ、汚れ、ホルモンバランスの変化、性病など様々です。

もしも原因が雑菌などであれば、デリケートゾーン付近に赤みやかゆみ、ヒリヒリするなどの症状が現れます。

また細菌性膣炎や性病に罹っている場合は魚くさい臭いが症状として現れます。

原因が何であれデリケートゾーンのニオイは恥ずかしいですよね。

ちなみにデリケートゾーンのにおいの原因として一番多い原因は雑菌が繁殖しているケースです。

ではどのように対策をすればデリケートゾーンのニオイの元となる雑菌が繁殖するのかを解説していきます。

デリケートゾーンに雑菌が繁殖するなんて、毎日お風呂に入っている私には関係ないと思う女性のほうが多いと思いますが、雑菌が繁殖する原因は多岐に渡ります。

・生理やおりものがアンダーヘアに付着
・尿がアンダーヘアに付着
・シャワーできちんとデリケートゾーンの汚れを落とせていない
・洗いすぎ・殺菌のしすぎで肌に必要な常在菌までを殺菌している
・ピルの種類によっては体質によりニオイを発生させるものもある
・膣洗浄液の頻繁な使用
・レアケースだがダイエットをしている場合
・きつくフィットする洋服を好む
・着用する下着に通気性がない
・ナプキンやタンポン、またはおりものシートを取り換える頻度が少ない

細かく解説をしていくと、デリケートゾーンのにおいを予防するためには、アンダーヘアを整えることも重要です。

アンダーヘアに付着した血液やおりもの、尿などは雑菌の大好物です。

そこにタイトな下着やパンツなどを履くとどうなるかと言いますと、熱がこもってより雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

できればコットン製の下着に変え、きつすぎない下着や服を着用するようにしてみてください。

また仕事や家事などで多忙な日々を過ごすとついつい生理ナプキンやおりものシートを取り換えるのを忘れてしまう…という女性もいるかもしれませんが、アンダーヘアの説明と同様で、定期的に取り換えないと雑菌が発生しやすくなってしまいます。

そしてデリケートゾーンを洗わないのもNGですが、逆に洗いすぎもリスクが伴います。

膣用石鹸などを普段からよく使用している女性は今日から手放しましょう。

殺菌作用のある石鹸などを頻繁に使用することで膣にとって必要な免疫力が低下し、雑菌や細菌に打たれ弱い膣になり余計ニオイがきつくなってしまう場合も考えられます。

まさに臭い雑巾で部屋を拭いているかのような状態になってしまうのです。

膣を石鹸で洗うことも同様に逆効果になるので控えましょう。

なおデリケートゾーンを洗う時はタオルやスポンジで石鹸をよく泡立て、指かタオルなどで優しく洗浄していくことが肝要です。

最後になりますが、デリケートゾーンのニオイは人によって個人差があるばかりか、同じ人でも生理のサイクルのどのタイミングなのかで変わる場合もありますがその場合は心配する必要がありません。

デリケートゾーンの正しいケア方法を知り正しいケアをすることが大切です。

ただしもし魚っぽいきついニオイがしたり、おりものなどに明らかに異常が見られる場合は早めに性病の検査をするのがベストでしょう。