カラダの中の腸内細菌(どのように人間の健康に影響を与えているのか)(2 / 2ページ目)

悪玉菌の種類「タンパク質を腐敗させてアンモニア、硫化水素、アミン、インドール、スかトール、フェノールなどの有害物質を作り出す」

悪玉菌に関する記事

悪玉菌は、宿主の健康に有害に働く腸内細菌の総称で、ウェルシュ菌、ブドウ球菌、緑膿菌などの腐敗菌群をさします。 この種の菌の特徴 腸内のタンパク質を腐敗させ、様々な有害物質を産生する 便秘や下痢、肌荒れなどを引き起こしやす・・・

日和見菌とは「哺乳類の離乳期以降で腸内で増殖し、腸内フローラを形成」

日和見菌に関する記事

腸内細菌には、善玉菌でも悪玉菌でもない日和見菌というどちらにも当てはまらない菌が存在します。 どちらかと言うと、このどちらにも属さない菌の方が多数派でバクテロイデス、ユウバクテリウム、嫌気性連鎖球菌、クロストリジウムなど・・・

腸内細菌の種類と働き「腸内に500種類は存在すると言われ100兆個ほどの菌が存在」

腸内細菌の種類と特徴

腸内細菌とは 細菌自体は、人間の体のいたるところに常在していますが数は腸内細菌が圧倒しています。 特に多いのは消化管で、中でも大腸が一番多く常在しています。 種類は、500種類は存在すると言われ100兆個ほどの菌が存在し・・・

細菌の基礎知識

細菌に関する基礎知識

細菌の培養 生物は5界に分かれているとされ、動物、植物、菌類、原生動物、細菌のように5分類されているされています。 動物界には、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類が属します。 植物界には、草、木、花が属し、菌類界には酵母・・・

細菌とウィルスの違い

細菌に関する基礎知識

細菌は生物の基本単位は細胞です。 細菌は、細胞の中にDNAを格納した核酸や小器官でなりたっています。 原核生物と真核生物の違いはあれど生物としての構成は同じです。 一方、ウィルスは細菌と同じ微生物ではありますが細胞構造を・・・

細菌研究の歴史

細菌に関する基礎知識

生物界には大小様々な生物が存在しますが目に見えない生物も多数存在し、代表的なのが、細菌です。 この細菌が原因となる感染症が元で病気になることがありますが昔は細菌の存在が認知されておらず人類はこの脅威に対して無力でした。 ・・・

生物の最小単位|細胞

生物の基礎知識

生物の定義 厳密に、生物と無生物を分けることは非常に困難です。 便宜上、下記の特徴を全て持っているものを生物と定義されています。 1:細胞で出来ていること。 生物を構成する最小の単位が細胞です。 アメーバなどのように1個・・・

細胞の種類

生物の基礎知識

卵細胞 普通の細胞の大きさは、10~50μm程度の大きさですが、卵細胞は大きな細胞です。 鶏の卵細胞は、卵の黄身の部分になりますので直径3cm程度の大きさがあります。 ダチョウの卵では7cm位の大きさになります。 人間の・・・

呼吸の種類と働き

生物の基礎知識

呼吸とは 外界との気体の出し入れを外呼吸と言い細胞内の中でブドウ糖などの有機物を分解するのに必要な酸素を取り込むために行う呼吸です。 ブドウ糖を分解する理由は、 生物が生きていくために必要なエネルギーだからです。 一方、・・・

好気呼吸と光合成

生物の基礎知識

動物は有機物を摂取しないと生命を維持できませんが、植物は有機物を摂取しなくても生命を維持できます。 これは植物が有機物を必要としないわけではなく自分で有機物を合成する能力があるからで、この植物が有機物を自分で合成する活動・・・

生物の生殖

生物の基礎知識

無性生殖と有性生殖 1:無性生殖:配偶子(精子と卵子)を使わない生殖 ・分裂・・・アメーバ、ゾウリムシ、イソギンチャク最も単純な生殖方法は分裂です。 アメーバやゾウリムシといった単細胞生物はこの分裂によって増殖をしますが・・・

ウィルスやブリオンは生物か?

生物の基礎知識

・ウィルスとは? ウィルスが生物に分類されていない理由は、細胞で出来ていないこと、酵素を持たず代謝を行わないこと刺激に対して反応をしないことです。 ただ無生物ではない特徴として、自己複製をできることから生物と無生物の中間・・・

遺伝の仕組み

生物の基礎知識

ペアの染色体 DNAには生物の設計図である染色体が収納されています。 精子の中にも染色体があり父親の遺伝子が入ってい、卵の中にも染色体があり、母親の遺伝子が入っています。 精子と卵子が受精して受精卵となりこれが受精卵とな・・・

血液型と性別の遺伝

生物の基礎知識

1:ABO血液型 ・遺伝子Aや遺伝子Bは遺伝子Oに対して優勢 ・遺伝子Aと遺伝子Bは不完全優勢の関係 遺伝子型AAとAO → A型 遺伝子型BBとBO → B型 遺伝子型OO   → O型 遺伝子型AB   → AB型 ・・・

遺伝子(DNA)生命の設計図

生物の基礎知識

1:DNAと遺伝子 ・DNAとは、ヌクレオチドが多数結合したもの。 ・ヌクレオチドとは、糖の一種とリン酸と塩基が結合したもの。 ・塩基とは、アデニン(A)、グアニン(G)、チミン(T)、シトシン(C) の4種類があり、塩・・・

免疫と腸内細菌の関係「腸内で細菌により生成された乳酸や酢酸などの菌体成分は身体全体に作用し腸内免疫を刺激する」

免疫に関する基礎知識

免疫とは? 免疫とは異物の侵入を感知して、抗体をつくって自己を守る防御システムのことを指します。 異物の毒素を記憶し素早く対応 体内に最近やウィルスが侵入すると、リンパ液の中にあるリンパ球がそれを感知して抗体を作り防御し・・・

ホルモンとは「血液中に分泌され血液によって運ばれ、特定の器官の働きを調節する物質」

免疫に関する基礎知識

代表的なホルモン ・場所:脳下垂体前葉  種類:甲状腺刺激ホルモン 働き:甲状腺からのチロキシン分泌の促進 ・場所:甲状腺  種類:チロキシン 働き:代謝促進 ・場所:副腎皮質  種類:糖質コルチコイド 働き:タンパク質・・・

ページの先頭へ