乳酸菌イラスト

乳酸菌というのは、乳酸を産生する菌と定義されています。

個別の菌があるわけではなく、乳酸や酢酸を産生する人定に好影響を与える腸内細菌で、その条件を備えた菌の総称として呼ばれています。

自然界に広く分布していて、動物の体内から見つかれうこともあれば植物から見つかることもあります。

ビフィズス菌とかラクトバチルス菌というと別物と思う方もいるかもしれませんがこれらは乳酸菌の一種です。

菌としての特徴は、一般に酸素を必要としない通性嫌気性あるいは酸素があると生存できない偏性嫌気性です。

ひとの体の中では主に大腸に住んでいます。

菌の生成物(乳酸や酢酸)が人に対して有益な働きをするので有益菌や善玉菌とも呼ばれます。

腸の働きを活発にして消化吸収を助けたりする健康への効果や免疫系に作用してアレルギーを防いだり、病気のもととなる悪玉菌を減らし腸内環境を改善する効果が注目されるため人体に有益な菌に分類されています。

腸内細菌はを善玉菌以外にも悪玉菌や日和見菌等人の腸内では共生していることを覚えておきましょう!

最近では、この有益な菌を経口で摂取することをプロバイオティクスと呼び、摂取した有益菌を増やすことをプレバイをティクスと呼び、腸内環境の改善をして便秘や病気を予防する方法として注目されています。

また、人それぞれに最適な腸内細菌のバランスがありますが絶対的なバランスの基準はありません。

動物由来の菌であるか植物由来の菌などをバランスよく摂取し菌の種類を豊富にすることも大切であると言われています。

何時摂取するのが良いのか

胃酸や熱で死滅しないように胃酸が多い食直後より時間をおいた後のほうが食べ物と中和されることが期待でき、胃酸や熱に強い菌を選ぶことも必要です。

また、この菌は死菌であっても生菌と同じように人体に有益な働きがあることがわかっており、菌が産出する乳酸菌生成物質である多糖類は死菌にも含まれます。

また、食物繊維やオリゴ糖はこれら有益な菌のエネルギー源となるため一緒に取ることが推奨されています。

経口で摂取した乳酸菌は腸には2週間の間定着して生き続けることが出来るとされています。

恒常的に有益な菌の恩恵を受けるためには人体は、この菌が生成する多糖類を自分で生成できないため、定期的に補給することが必要なので日頃の食事に取り入れてみましょう。

発見の歴史と健康効果へ着目

この菌を最初に発見したのはオランダのレーウェンフックと言われ、彼は、顕微鏡で身の回りの微生物を観察して植物や動物の乳にこの菌が含まれている事を発見しました。

本格的な研究を進めたのはフランスのパスツールと言われ、パスツールは、ビール工場から製造したビールが酸味を帯びるようになってしまう原因を調査するように依頼されたことがきっかけで研究を始めました。

その研究の過程でこの菌を発見して発酵や腐敗に微生物が関係することをつきとめました。

そして、この人体に極めて有益な健康効果に着目したのがロシアの微生物学者の、イリヤ・メチ二コフでノーベル賞を受賞しました。

メチニコフは、白血球の食菌作用について学説を唱えた人間として知られ、彼は人間の老化現象に感心を持ち老化の一因に腸内の腐敗物質にあることをつきとめました。

そして、乳由来の発酵食品を多く食べるブルガリアは長寿の方が多いことに気づきました。

1907年には、ヨーグルト不老長寿説を発表しましたが、この説は、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腐敗物質を抑制し長寿の一因になっているというもので後年、微生物の研究が進むにつれて人体に与える有益な効果が実証されるようになりました。

古来から伝わる発酵食品には含まれていた

日本では、古来から発酵食品が豊富にありました。

味噌、醤油、みりん、等の調味料は発酵食品で乳酸菌や酵母菌が多く含まれ腸内環境を整える作用があります。

いずれもなじみのある調味料ばかりですので無理無く食生活にとりいれる事が出来るので覚えておきましょう。

酵母や乳酸菌が人体に有益な菌を増やす環境を強力にバックアップしてくれるのです。

日本古来の発酵食品の代表格と言えば漬物ですが漬物の中にも同様に人体に有益な菌がいます。

また、漬物にはビタミンやミネラルや食物繊維が多く含まれている為お腹に良い食べ物と言えます。

更に、漬物の乳酸菌は血圧やコレステロールを下げる事で注目されているGABAギャバを作りだす力がとても強く、漬ける程に長い時間発酵が進み乳酸菌が増えることがわかっています。

中でも、材料にアミやイカの塩辛など動物性たんぱく質を使うキムチはたんぱく質がアミノ酸に分解されてGABAへと変化するので乳酸菌だけではなくGABAの宝庫とも言えます。

ぬか漬けでは、生に比べて、ビタミンB1ビタミンCミネラルが増えるとされて、ぬかに含まれる成分が野菜にしみこむ事に加え菌が作り出す分もプラスされるからです。

ヨーグルトに代表される人体に有益な菌を含む食品の研究が日本と同じようにすすめられているのはヨーロッパで特にフランス・スイス・北欧が盛んです。

アジアでは、モンゴルの遊牧民が馬の乳から作る馬乳酒を飲んでいましたが日本は乳を取り入れる文化はありませんでした。

日本人が一般的に乳製品をとるようになったのは戦後で、当時の日本は衛生状態が悪く安全に乳製品を摂る事が出来なかったのですが単位量あたりの細菌を規制する「乳等省令」が定められ、これがきっかけとなり、乳業会社が大きく成長しました。

ほぼ同時に、学校の給食にも牛乳が取り入れられ、こうして、日本人は乳製品を日常的に食べるようになりました。

さて、これだけ身の回りに存在する菌ですが次に種類と働きについて解説いたします。