お腹の乳酸菌

スーパーなどでヨーグルトのコーナーに行くと、どの商品にも記載がある、乳酸菌やビフィズス菌、人体に役立つ菌として最も知名度が高い菌ではないでしょうか。

実に多くの人が乳酸菌とビフィズス菌を同一視しているようですが、この二つは似ているようで全く性質が違います。

それでは乳酸菌とビフィズス菌の違いについて記していきたいと思います。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

ビフィズス菌は動物の腸内に生息します。

偏性嫌気性という酵素がある処では存在できない性質を持っており、生息できる範囲は限られてはいます。

その関係上、経口で摂取したビフィズス菌は体内で長くは生きられないので、毎日摂取するように習慣づけた上で、更にもともと体内に存在しているビフィズス菌をパワーアップさせる事が大切です。

簡単に取り入れられる食材としては人参やバナナ、林檎などで、これらを意識的に取り入れていくことで善玉菌がより一層健康になります。

腸内に存在するビフィズス菌は人間の人体においては約1兆から10兆個と言われており、腸内の善玉菌のほぼ全てがこのビフィズス菌で構成されています。

またビフィズス菌の働きですが、ビタミンB群や酢酸、葉酸を作り殺菌や免疫などに貢献をしています。

このビフィズス菌ですが、乳児の時に数が一番多く、年々減少して行きます。

ビフィズス菌は腸内の環境を快適に保つことに一役買っているので年を取れば取るほどに腸内の環境は劣化していきます。

腸内の環境が劣化することで病気になりやすくなったり、加齢を加速しますから、なるべく体にいい食べ物を口にし、適度な運動をするなど規則正しい生活を心がけたいものですね。

乳酸菌はビフィズス菌とは異なり、様々なフィールドで生存できます。

例えば身近な所で言えば漬物やキムチ、大豆、米、日本酒などにも含まれています。

本当に色々な食品や飲料に含まれているので、自分の好きな食べ物や飲み物に乳酸菌が含まれているのか調べてみても面白いかもしれませんね。

話がずれてしまったので本題に戻します。乳酸菌はビフィズス菌のサポート約のような動きをし、数の上でもビフィズス菌と比較すると個体数はなんとビフィズス菌の0.1%程度しか存在しません。

また乳酸菌の働きとしては、糖分を分解し乳酸を創り出すことによってより一層ビフィズス菌が繁栄しやすい環境作りをサポートしています。

ビフィズス菌も乳酸菌も、何を食べるかで簡単に改善できますし、近年は実に多くの会社からサプリメントも販売されているので、バランスよく取り入れて腸内環境を改善していきたいですね。