悪玉菌が狙う

最新の研究で悪玉菌が増えると身体に悪影響を及ぼす事がわかってきています。

腸年齢が実年齢以上に老いる最大の原因は食生活にあります。

食べ物は小腸で消化・吸収され、大腸へと送られ、その間に消化しきれない食べカスなどを、腸内細菌が餌にするので、食べ物は、腸内細菌のバランスに大きな影響を与えているのです。

腸内の悪玉菌の大好物は、たんぱく質や脂肪を多く含む食品です。

悪玉菌は腸内で主にタンパク質をえさにして腐敗を起こしアンモニアインドールスカトール発癌物質のフェノール硫化水素アミンなど様々な有害物質を作ることで知られています。

ハンバーガーなどのファーストフードは悪玉菌が好む典型的な食事といえるでしょう。

有害物質は腸壁の細胞を少しづつ傷つけ永い年月をかけて蝕み、一部は吸収され肝臓で解毒されますが、肝臓に負担を強いて肝臓を弱らせます。

肝臓の機能が低下すれば解毒が間に合わず体中に有害物質がめぐり、生活習慣病(成人病)や老化を引き起こす原因になります。

悪玉菌の出す有害な物質は腸内をアルカリ性にして免疫機能を低下させます。

特に、アミンは亜硝酸と結合して発ガン性のあるニトロソアミンという物質になることで知られています。

また十二指腸から分泌される胆汁酸は腸内細菌が関与してデオキシコール酸などの発ガン性のある二次胆汁酸となり大腸ガンの一因になるといわれています。

悪玉菌が作るインドールやスカトールはとても嫌な匂いがしますが、耐えられないほど臭いオナラをする方は腸内で悪玉菌が優勢になっていると考えられます。

一方、善玉菌の好物は食物繊維を豊富に含む野菜、海藻、穀類などです。

食物繊維は腸にとって非常に重要で、不足すると腸内に便が長時間とどまって、悪玉菌の増殖を招くことになるのです。

つまり、悪玉菌も腸内細菌ですので人間が食べた物からエネルギーを得ているのです。

具体的には肉を中心とした食生活や嗜好食品がエネルギー源となり脂肪分タンパク質のカスを栄養にしてと悪玉菌が活性化されやすくなります。

これは、食生活の欧米化で動物性脂肪・タンパク質の摂取量が増え、その一方で大豆や根野菜などに含まれる食物繊維の摂取量が減ってしまっている日本人が増えているからです。

農林水産省の調査では、1960年における食肉消費量は約3キロ程度でしたが、約50年後では14倍以上の43キロまで増加しているそうです。

日本人が伝統的に食材としてきた穀物、野菜、魚中心の伝統的な食事から、欧米の肉食中心の食事への変化が腸内環境にも大きな影響を与えていることが容易に推測されます。

このような食生活を続けていると、体臭が臭くなり、皮膚も脂ぎり、黄褐色だった便は次第に褐色から黒ずんで、黒褐色の便になっていきます。

臭いは臭く、腐ったような強烈な臭いを発するケースもしばしばです。

野菜をほとんど食べず、インスタント食品やお菓子などの栄養が偏った食生活を過ごす人は悪玉菌を抑えるためにも食生活には十分気をつける必要がございます。

かといってこれらの栄養素は人体でも栄養素になるので摂取しないわけにもいきません。

腸内細菌の状態を保つ食品を摂取することが悪玉菌増殖を抑制するのです。