「カラダ(部位別)病気の種類」の記事一覧

免疫血清検査|人間の体内にできる免疫の抗体を調べることによって、体内にどういった病気が発生しているか判定する

検査でわかる病気の種類

免疫血清検査とは 免疫血清検査とは、体に病巣があった場合、人間の体内にできる免疫の抗体を調べることによって、体内にどういった病気が発生しているか判定する検査です。 免疫血清検査は検査のする物質の手法の一般名称なので、今回・・・

肺機能検査|肺活量といった数値を測定し、肺に起きている病変を探知できる

検査でわかる病気の種類

肺機能検査とは 肺機能検査とは、肺活量といった数値を測定することによって、肺に起きている些細な病変を探知できることが出来る検査です。 目的は、その人が持っている肺活量といったこと、空気の換気機能を主に検査していきます。 ・・・

脳波検査|脳波を電極を利用して増幅し、波の波形を診ることで病気の有無を探る

検査でわかる病気の種類

脳波検査とは 脳波検査とは、脳の情報伝達のシステムを脳を傷つけないで捉えることによって、脳を切開しない状態でも脳の病気の異常がわかる数少ない検査です。 脳は、常に一定の電波を心臓と同様に発しており、その流れを電極を利用し・・・

超音波検査|超音波を使い跳ね返る音波の速度を利用し体内をスキャンする

検査でわかる病気の種類

超音波検査とは 超音波検査とは、最近注目されてきている検査でこの検査を行うことによって、放射線の被曝を気にしなくても腹部の様子や、病気の発見に役立つ検査です。 今回は、この検査の原理、該当臓器、検査によってわかる病気、注・・・

心電図検査|心臓の拍動時に発生する微弱な電波図面を見ることによって心臓の疾患があるかないかを診断する

検査でわかる病気の種類

心電図検査とは 心電図検査とは、体外に電極をはって、心臓の拍動時に発生する微弱な電波図面に表し、その波形を見ることによって心臓の疾患があるかないかを診断する検査です。 この検査は、一番最初に心臓の疾患を見つけるのに適した・・・

細菌検査|細菌によって病気が発生したと疑がわれた時に、細菌の種類をいち早く同定する

検査でわかる病気の種類

細菌検査とは 細菌検査の目的は、細菌によって病気が発生したと疑がわれた時に、細菌の種類をいち早く同定し、治療をスムーズに行うために使用します。 最近は、薬剤耐性菌の発生を食い止めるいために、この細菌検査の重要性が問われて・・・

病理検査|病気になっている箇所の組織の検体を取ることによって、その組織がどういった病気になっているかを調べる

検査でわかる病気の種類

病理検査とは 病理検査とは、病気になっている箇所の組織の検体を取ることによって、その組織がどういった病気になっているかを調べる検査です。 この検査は、組織学的検査、細胞学的検査、病理解剖といった種類に分類されます。 この・・・

生化学検査|血液中の特定の酵素や成分といった分解物を元に、その成分から特定の臓器の疾患を見つける

検査でわかる病気の種類

生化学検査とは 生化学検査とは、血液中の特定の酵素や成分といった分解物を元に、その成分から特定の臓器の疾患を見つける検査です。 今回は、そのうちの代表的な項目と疾患の種類と基本的な検査項目に関して紹介いたします。 はじめ・・・

一般検査|尿の成分と、その成分がどういった体の異常の検査に役立つのか

検査でわかる病気の種類

一般検査とは 病院での尿検査は一体どういったことをするのか、今回はその方法に関してわかりやすく説明いたします。 ただ単に尿の成分を検査で調べるのではなくて、尿だけで様々な情報がわかるのです。 その尿の成分と、その成分がど・・・

腫瘍マーカーCA19-9

検査でわかる病気の種類

CA19-9のマーカーは、他のがん細胞のマーカーに比べて非常に大きな特徴があります。 今回は、その検査の目的と発生する臓器と、数値の変化とほかのマーカーとの使用頻度に関して紹介いたします。 はじめに、CA19-9は臓器特・・・

腫瘍マーカーAFP

検査でわかる病気の種類

AFPの検査で分かることは、臓器特異的にがん細胞があるかどうかに関して非常に高い確率で発見することができます。 どういった臓器の種類に発現するかというと、肝がん、卵巣や精巣の胚細胞がんで高い値になります。 これは、臓器の・・・

腫瘍マーカーCEA

検査でわかる病気の種類

CEA検査が、がんの腫瘍マーカーで利用される大きな理由は腹部にできるがんを簡単に検出できるという理由で一般的に使用されています。 では、この腫瘍マーカーのCAEはどういった部分の指標に関してがんを見つけることができるのか・・・

腫瘍マーカーCA125

検査でわかる病気の種類

がんの腫瘍マーカーは多くの種類が存在いたします。加えて、その特徴をしっかり知っていないと費用だけでなく、手間も非常にかかります。 今回は、そんながんの腫瘍マーカーの一種CA125に関して紹介いたします。 はじめに、この腫・・・

腫瘍マーカーPSA

検査でわかる病気の種類

がんで検査を行う際に使用されるのが腫瘍マーカーですが、マーカーを使用すれば多くの病気の原因がわかります。 今回はそんな腫瘍マーカーに関する、種類と特性をPSAという種類の腫瘍に関して詳細に紹介いたします。 PSAは多くの・・・

急性膵炎と慢性膵炎

腎臓・膵臓・脾臓の病気

体の中の血液をろ過する器官である膵臓の炎症には急性膵炎と慢性膵炎があります。 急性膵炎 胆嚢炎(たんのうえん)によって、病原菌を含んだ胆汁が膵臓の膵管内に逆流し炎症を起こす病気です。 また、膵管の一部が狭くなって膵液がう・・・

食道炎と食道がん原因と症状

食道の病気

口から入った食物を胃に送る器官である食道の炎症についてと、食道に出来た癌について解説しています。 食道炎 食道炎には急性や慢性のものがありますが症例として多くみられるのは胃液や十二指腸液の逆流によって起こる逆流性のもので・・・

食道炎と食道がん原因と症状

食道の病気

口から入った食物を胃に送る器官である食道の炎症についてと、食道に出来た癌について解説しています。 食道炎 食道炎には急性や慢性のものがありますが症例として多くみられるのは胃液や十二指腸液の逆流によって起こる逆流性のもので・・・

胆石・胆嚢炎・胆嚢(たんのう)癌

胆嚢の病気

胆汁を産生して消化にかかわる器官である胆嚢にできる炎症や、胆嚢にできる結石について解説しています。 胆石 肝臓で作られた胆汁は胆道を通って十二指腸へと排出されますがこの胆道には胆管と胆嚢があります。 胆石はこれらの中でコ・・・

胃潰瘍の原因と症状

胃の病気

胃は、食べた物を溶かし消化しやすくする器官で、胃潰瘍とはその胃の組織がが融解したり、剝離したあとに臓器の表面にできた組織欠損部を指します。 胃潰瘍の主な原因 原因は諸説ありますが、一般的には、胃液中の酸とペプシンという消・・・

急性胃炎の原因と症状

胃の病気

胃炎とは胃の粘膜がさまざまな原因で急激に荒れ、むくみやただれなどができる炎症性の病変です。 外因性急性胃炎と内因性急性胃炎と分けることができます。 急性胃炎の主な原因 暴飲暴食、病原菌の付着した食べ物や毒物、精神的・肉体・・・

慢性胃炎の原因と症状

胃の病気

急性胃炎と違い、特有の症状が表れにくいのが特徴です。 慢性胃炎は、胃の粘膜がなんらからの原因で傷つき、炎症を起こしている状態が持続的に繰り返される病気です。 症状は、吐き気、嘔吐、腹部膨満感、みぞおちの痛み、胸焼けなどの・・・

胃下垂の原因と症状

胃の病気

人間の顔や体つきがそれぞれ違うように、胃の形や位置にもそれぞれ差があります。 胃が正常な位置よりも下まで垂れ下がっている状態を指します。 胃を支える筋肉や脂肪の少ない痩せ型で長身の人がなりやすいとされ、腹が張った感じ、食・・・

胃酸過多症、無酸症の原因と症状

胃の病気

胃酸過多は、胃酸が過剰に分泌される状態で、胃内の酸度が異常に高くなり、胸やけやげっぷ、呑酸、空腹時の胃の痛み、胃もたれなどの症状が現れます。 無酸症は、胃液の酸度の極度に低下または消失する症状を指します。 胃液の酸度が高・・・

胃アトニーの原因と症状

胃の病気

胃アトニーとは、胃の筋力の緊張が消失又は衰弱した状態を指します。 食事をすると胃がふくれて膨満感と圧重感を感じ、苦痛がほとんど無いのが特徴で、食欲不振の原因になります。 胃アトニーとは胃が伸びきった風船のように緊張が無く・・・

脂肪肝の原因と症状

肝臓の病気

脂肪肝とは、アルコールやブドウ糖・脂肪酸が肝臓の処理能力以上に肝臓に運び込まれ、中性脂肪という形で肝臓内にストックされた状態を指します。 脂肪顆粒で満たされた肝細胞が、全体の半数以上の場合が多いとされます。 正常な肝では・・・

肝硬変の原因と症状

肝臓の病気

肝硬変とは、様々な原因によって生じた慢性肝炎の終末像でり、肝病変は一般に元にはもどらないとされます。 びまん性の肝細胞の壊死と炎症、再生が繰り返し起こり、その場所に高度の線維が増生した結果、肝臓が小さく、かつ硬くなる病気・・・

A型肝炎|急性肝炎の4割を占める

肝臓の病気

(提供元:国立感染症研究) A型肝炎ウイルスは、経口感染によって伝播し、集団発生します。 発展途上国ではA型肝炎は、まだ常在伝染病として認識されています。 症状は、発症初期の2~3日続く38℃以上の発熱が最も特徴的で、そ・・・

ページの先頭へ